借りる

消費者金融の金利の相場ってどのくらい!?はじめての利用で金利を抑えるには?

急にお金が必要になったとき、消費者金融は直ぐにお金を借りることができるので大変便利ですが、初めて利用する方は、金利の高さを不安に感じる方が多いと思います。そんなとき、消費者金融の金利の相場を知ることで、不安に思うことなく、上手にお金を借りる方法を身に付けることができます。

金利の上限は法律で決められている

お金を借りると貸出金利が決められ、返済日ごとに利息を支払います。その貸出金利の上限は「利息制限法」と「出資法」という法律で決められているのです。

これは、消費者金融や銀行からお金を借りた場合だけではなく、個人間でお金を貸し借りした場合にも適用される法律です。

利息制限法とは

「利息制限法」とは、お金を貸出すときの金利の上限を定めたものです。そして、その上限金利は、借りる金額によって変わってきます。

借りる金額の元金 金利の上限
10万円未満 年20%まで
10~100万円未満 年18%まで
100万円以上 年15%まで

出資法とは

出資法は、お金を貸し出す業者を規制するための法律で、貸出金額に関係なく年20%が金利の上限となります。

万が一、この出資法の上限20%を超えた金利で貸し出した場合、刑事罰の対象「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」となってしまいます。この出資法は、平成22年に改正され、それまでの年29.2%から年20%に引き下げられました。

それまでは、「グレーゾーン金利」といわれる金利が存在し、消費者金融は年29.2%の金利でお金を貸し出していました。先に説明した「利息制限法」の上限20%と「出資法」年29.2%の間の金利をグレーゾーン金利といいます。

当時、消費者金融は年29.2%という高利貸しで利益を上げていましたが、法改正後は、過払い金の利息返還請求負担が増え、かつ、貸出金利も下がったため、以前ほど収益を上げられない状況が続いています。

遅延損害金にも上限金利がある

期日までに返済をしなければ、遅延損害金を請求されます。これは、契約通りに返済しなかったペナルティーと考えられており、このペナルティーにも一定の上限が定められています。

借りる金額の元金 金利の上限
10万円未満 年29.2%まで
10~100万円未満 年26.28%まで
100万円以上 年21.9%まで

ただし、貸金業法の遅延損害金の上限は年20%となっています。そのため、延滞した場合は上の表の金利ではなく、遅延した日から年20%の金利で請求されることになります。

金利の高さは審査で決まる

消費者金融の金利をみると、金利年○○%~○○%というように、幅が設定されています。この幅の中でどの金利に決まるのかは審査で決まります。

審査で重視される点

  • 年収…当然ですが、年収が高い方ほど信用力が高く、金利が低くなります。また、利用限度額も年収に応じて決められます。
  • 勤務先…安定的に返済するには勤務先の信頼性も重要です。パートタイマーの主婦も借入できる消費者金融は増えています。
  • 勤続年数…長く勤めている方ほど確実に返済してくれる見込みが高くなります。
  • 過去の借入実績…借入の利用実績が全く無いという方よりは、ある程度の借入実績があり、確実に返済している方の方が有利となります。
  • 信用情報に問題がないか…過去に債務整理や延滞遅延などの金融事故を起こしていないか、信用情報機関での調査があります。そこで信用情報に問題があると、5年から10年はお金を借りることができません。

大手消費者金融の平均金利の一覧

業者名 金利の幅 利用限度額の上限
アコム 3.0~18.0% 800万円
プロミス 4.5~7.8% 500万円
アイフル 3.0~18.0% 800万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 800万円

上の表を見てわかる通り、金利の幅が非常に大きいです。一番低い金利で借りることができれば良いのですが、大半の方が下限金利での借入は難しいでしょう。

属性が非常に良く、信用情報に全く問題がなく、過去の利用実績が優良で件数も多い方であれば、下限金利も夢ではないでしょう。

消費者金融の金利相場

一般的な方は金利年15~18%という方が大半を占めます。特に、初めて利用する方は、利用限度額が30万円から50万円になる場合が多いです。その場合、金利が年15~18%ほどになることが多く、それより金利が下がるのは、利用限度額が100万円以上に増額されたときだと考えましょう。

金利0円のサービスを使って安い金利で借りる

大手の消費者金融は、初めて利用する方に限り、無利息期間を設けています。「短期間だけお金を借りたい」という方は、この無利息期間を上手に使うことで、支払利息を最低限に抑えることができます。

30日間無利息キャンペーンの消費者金融

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム

給料日やボーナスまでの短期間だけ繋ぎとして借りる方は、この3社を利用することで、お得に借りることができます。

金利から利息額を算出する計算方法

消費者金融で返済する場合、多くは「残高スライドリボルビング方式」という方法が使われています。毎月の借入残高によって自動的に返済額が決められるものです。

例えば、借入残高が50万円であれば、返済が月13,000円となり、その後の返済が進んで借入残高が30万円になると、返済額が月11,000円になるという仕組みです。借入残高が少なくなるにつれて、返済額も少なくなる方式です。

この方法を取ることで返済期間が長くなり、消費者金融は顧客から多くの利息を得ることができるのです。この点は、返済が始まったら気を付けなくてはいけない部分です。

毎月返済できる資力があるにも関わらず、消費者金融の返済方法通りに返済していくと、利息を払い過ぎてしまう可能性があります。

まずは、毎月の返済額の中で元本がいくら返済されているのか、また、利息をいくら支払っているのかを知ることが必要です。計画的に返済することができれば、無理な借入や利息の払い過ぎも防ぐことができるでしょう。

利息=借入残高×金利×借りた日数/365

(例)借入残高30万円、金利18%、毎月の返済11,000円、1か月間借入の場合
<利息>借入残高30万円×金利18%×1/12(1ヶ月分)=4,500円
<借入元本の返済>
毎月の返済額11,000円-利息4,500円=6,500円
<返済後の借入残高>
30万円-6,500円=293,500円

2回目以降の返済は次の通りです。

返済回数 返済金額 利息 返済後の借入残高
2回目 11,000円 4,402円 286,902円
3回目 11,000円 4,303円 280,205円
4回目 11,000円 4,203円 273,408円
5回目 11,000円 4,101円 266,509円

毎月の返済で借入残高が減っているのが分かります。この借入残高に応じて毎月の返済額が変わってくるのです。毎月の返済額が少なくなれば、元本が返済される割合も少なくなってくるため、利息の支払い総額が多くなってしまいます。

そのため、ある程度まとまった資金が用意できたら、繰上げ返済や一部繰上げ返済することをオススメします。そうすることで、利息の払い過ぎを防ぐことができます。

消費者金融の返済方法「残高スライドリボルビング方式」でそのまま自動的に返済を続けるのではなく、余剰資金があるときは積極的に返済することをオススメします。

また、利息の計算方法は、業者側が自動的に計算してくれるものです。本来ならば自分で計算する必要のないものですが、元本と利息の支払い金額を確認したいという方は、一度ご自分で計算してみるのも良いでしょう。

金利を下げるためにはカードローンの利用実績と確実な返済が必要!!

消費者金融の金利相場は15~18%です。
初めて消費者金融を利用する方は、金利が年15~18%になることが多く、利用限度額は30~50万円となる傾向にあります。金利を引き下げ、利用限度額を増額するには、良好な利用実績を積み、自身の属性を高めることが必要です。

そのためにも、返済方法「残高スライドリボルビング方式」の仕組みをよく理解し、資金に余裕があるときは、積極的に返済していくことをオススメします。

人気カードローン一覧