運用

毎月分配型の投資信託とは?メリット・デメリット

毎月分配金を受け取れる

分配

投資初心者やシニア層に人気が高いのが、毎月分配型の投資信託(毎月分配型ファンド)です。
毎月決算型とも言われます。
投資信託とは、投資家からお金を集めてプロが運用する金融商品であり、その分配金の支払いを毎月行うというのが毎月分配型です。
投資初心者ですと、投資した金額がどうなるか不安な方が多いと思いますが、毎月分配型であれば短期間で分配金を受け取ることができるので、投資の不安が少々安らぎます。

ただし、分配金を受け取っても、それが運用収益を反映したものとは限りません。
毎月分配型には「普通分配金」と「特別分配金」があります。
普通分配金は、投資の利益が出た時に、利益から分配する配当金です。
それに対して特別分配金は、投資の利益が出なかった時に、元本を切り崩して分配する配当金です。
たとえば、基準価額(投資信託の価値)1万円で毎月50円の分配金を受け取れるという場合、基準価額が上がらないと「普通分配金」は出ず、「特別分配金」が支払われます。
つまり、基準価額から50円差し引かれるということですが、この場合基準価額は1万円-50円=9,500円になります。
元本から分配されるということですので、「特別分配金」が多いと、それだけ自分の資産が減っていることになります。

預金代わりに使うのはあり

もしも「お金を持っていると使ってしまう」という方であれば、毎月分配型にお金を預けて、その分配金で毎月の生活費を支払うというように使用するのはありでしょう。
うまく行けば資産が上がり、分配金も増えて生活の質がアップするかもしれません。
ただし、毎月分配型には元本保証がありませんので、最終的な分配金の総額が、元金を大きく下回る可能性もあるのです。
初めて利回りが良くても、円高・円安の影響で基準価額が下がってしまい、分配金が減少してしまうということはよくあります。

分配のたびに税金が取られる

もしも「分配金を再投資に回して効率良く資産運用しよう」と考えているのであれば、少々問題があるかもしれません。
というのも、毎月分配型ですと分配のたびに課税されてしまいます(分配金から源泉徴収されます)。
分配金を使って再投資しようとすると、再投資のための元本が税金分だけ減ってしまいます。
一般的な投資信託ですと、利益が出た時に元本に利益を上乗せして再投資に回せますので、利益から利益を生むという複利効果がありますが、毎月分配型にはそれがありません。
「特別分配金」が多く、ファンドが資産運用に失敗しているという状態でも、解約すると大きな売却損を出してしまうことになりますので、解約したくてもできません。
全体的に見れば、毎月投資型はデメリットの方が目立つ金融商品に思われます。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る