運用

個人年金とは?メリットやデメリットを解説

国民年金、厚生年金以外に「個人年金」というものがあるのをご存知でしょうか。個人年金は、国から支払われる公的年金とは異なるものですが、将来のためにかけている人も少なくありません。
今回は、個人年金について、メリットやデメリットを解説していきます。
本記事を参考に、「自分にとって必要なのか」をチェックしてみましょう。

個人年金とは?

老後資金個人年金とは、別名を「個人年金保険」と呼ぶ、保険の一種です。
公的年金などと同様に、決まった保険額をコツコツと積立て、将来決められた時期から年金として受け取れます。

年金といっても、国民年金のように対象者が死亡するまでずっと支払われるタイプのものだけではなく、主に次の3つのタイプに分けられます。

タイプ1.終身年金

終身年金は、保険の契約者が生きている間ずっと年金を受け取れるタイプの年金です。
公的年金とタイプが似ていますが、基本的には公的年金と異なり「遺族年金」は受け取れないので、契約者が亡くなってしまった後は年金を受け取ることができなくなります。
保険料は、一生受け取りができる分高くなる傾向ですが、長生きをしてもずっと払い続けてくれるのが特徴です。
ふつう、契約者が早めに亡くなってしまうと元本割れのリスクがありますが、中には支払い期間保証付きの保険もあります。

タイプ2.確定年金

確定年金とは、あらかじめ決められている期間中だけ年金が支払われるタイプの年金です。
確定年金にすれば、たとえ契約者が早く亡くなってしまっても、遺族に対して決まった期間必ず年金が支払われるしくみですので、元本割れする心配がありません。
保険料さえきちんと支払っていれば、たとえ年金支払い開始のときまでに契約者が死亡していても確実に支払いが開始されるのが魅力です。

タイプ3.有期年金

有期年金とは、確定年金のように「決められた期間」だけ保険会社から年金が支給されるものですが、確定年金と異なり、契約者が死亡した場合はそれ以降年金の受け取りができなくなります。

保険料としては最も安く済みますが、終身年金と同様に早く亡くなってしまったときには元本割れを起こしてしまうため、リスクがあるとも言えます。

個人年金のメリット3つ!

個人年金を契約するメリットを3つご紹介いたします。

1.確実に老後資金を貯められる

貯金をするのが苦手な方ですと、簡単にお金をおろすことができる状況下ではなかなか貯められないということもありますが、個人年金は保険料として毎月きちんと引き落とされます。
解約をしない限りは、自分がお金を使いたくとも、決まった額が引き落とされていくので、無駄遣いをせずに老後資金を着実に貯められます。

2.貯蓄にまわすよりも高利率

老後のために銀行に貯金を預けている場合、現在の銀行の金利はとても安く、老後のために資金を増やそうとするのには向いていないといえます。
個人年金は、例えば基準の年齢に達した際に一括で支払われるタイプであれば108%程度など、貯蓄としてただ銀行に預けているよりも返戻率が高くなっています。
もちろん、終身年金で契約しており、長生きしたときにはさらに多く返ってきますので、無理のない金額であれば貯蓄よりも利率が高く、お得だと言えます。

3.確定申告時に所得控除が受けられる

個人年金(個人年金保険)は、確定申告で「個人年金料控除」が受けられます。
個人年金料控除は、保険会社へと支払った保険料に応じて、決められた金額が所得から差し引かれ、その分所得税・住民税などの税負担が軽減されるという制度です。

控除を受けられる金額は上限があるため、大きな金額の控除が受けられるというわけではありませんが、普通に貯蓄をしていても控除はうけられないので節税にもなります。

個人年金のデメリット4つ

個人年金はメリットがある一方で、いくつかデメリットもありますので、ご紹介いたします。

1.元本割れする可能性がある

基本的に個人年金は利率が決まっておりますので、計画通りにきちんと保険料を支払い、ある程度の年数受け取ることができれば元本割れは起きません。
例えば、15年間年金を受け取ることで元がとれる計算になっている時に、10年で契約者が死亡し、しかも確定年金以外のタイプで契約している場合を考えましょう。
この場合、それ以降の年金は受け取ることができないため、元本割れしてしまいます。
確定年金以外では、このように元本割れしてしまうケースもあるので注意が必要です。

2.インフレ対応ができない

個人年金は、その商品のほとんどがあらかじめ決められた利率を上乗せした金額のみ年金を受け取れるようになっています。

逆に言えば、初めの契約時と、実際に年金を受取時の「お金の価値」が異なり、インフレを起こして契約時よりもお金の価値が下がっていても、契約していた額しか受け取ることができません。

貯金も同じことが言えませんが、決まった利率しか上乗せされない個人年金では、インフレが起きてしまった時の対応は難しいと言えます。

3.保険会社が倒産した時に年金が全ては保証されない

これはどんな種類の保険でも言えることですが、保険会社が倒産してしまうと、保証されていた金額を満額受け取ることは難しくなります。
生命保険契約者保護機構により、ある程度の金額までは補填がされますが、もとの保険会社を買い取ってきちんと運用してくれる会社が現れない限り、100%保証されるわけではありません。

保険の内容も大切ですが、保険会社が本当に倒産しない優良企業なのかなど、契約先も見極めて契約することが大切です。

4.途中解約は損をする

個人年金は、老後に初めてお金が受け取れるという長期型の保険ですので、途中解約してしまうと実際に支払った金額よりも少ない金額しか戻ってきません。

確かに、決められた額増やして手元に戻ってくるのは魅力的ですが、途中で払いきれずに解約してしまっては、ただ手数料だけが引かれていることになるので、元も子もありません。
そうならないためにも、途中解約せずに済む無理のない金額で契約することがおすすめです。

どんな人が個人年金に向いているの?

個人年金にはメリットもデメリットもありますが、個人年金を契約しようか迷った時には、次のことに当てはまるかを確認してみてください。

  • 月々決まった額を貯蓄するのは苦手
  • 貯金がある程度貯まると、つい使ってしまう
  • うまい運用方法がわからず、余ったお金は全て貯金にまわしている
  • 老後には、年金型で少しずつお金を受け取りたい
  • 一生お金が決まった額受け取れるようにしたい

これらの項目に当てはまるなぁと感じたら、個人年金を契約してみてもいいかもしれませんね。
ただし、保険にはデメリットもありますので、デメリットもよく加味した上で、自分の老後資金を準備する方法として良いと思った時に、個人年金の契約を考えてみましょう。
個人年金は一生の付き合いになる可能性もある保険ですので、保険選びは慎重に、よく比較・検討した上で納得したものを選んでくださいね。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る