運用

銀行にお金を預けるリスクとは?倒産したらお金はどうなる?

ペイオフ制度があるから安心?

倒産

銀行は、利用者の預金で資産運用しています。
資産運用とは、国債を購入したり企業に投資したりすることです。
主には国債など元金割れのリスクの低い債権で運用されますが、資産運用に失敗して潰れてしまった銀行も多いです。
現在はペイオフ制度があり、銀行が倒産した場合1,000万円まで保証されます。
ただし、これはあくまで保証というだけで、すぐに返済されるわけではありません。仮払いは60万円までであり、残りの返済についてはまちまちです。

また、違う銀行にお金を預けていても、同系列の金融機関ですと1,000万円ずつの保証ではなく、合計1,000万円の保証になります。
たとえば、ゆうちょ銀行A店で1,000万円、ゆうちょ銀行B店で1,000万円預金しても、合計1,000万円までしか保証されないということです。
普通預金・定期預金という区別も意味がありません。
ですので、1,000万円以上預金するのであれば、別系統の金融機関に預金した方がよいでしょう。
仮払いも金融機関ごとに60万円ずつですので、2つの異なる銀行口座を利用していた場合は、合計120万円の仮払いになります。

円安のリスク

銀行に預金するのは一見安全そうですが、円安やインフレのリスクがあります。
円安とは、外貨に対して円が安くなってしまう状態です。
海外の物やサービスにお金を使う時は、円を外貨に交換しますが、円安になると交換レートが高くなり、より多くの円が必要になります。
そのため、海外への旅行や出張が多い方、海外の製品を輸入している方などは、出費が増えて大変になります。
もしも外貨建てで資産を構築していれば、円を使わずに外貨で買い物ができるので、円安の煽りを受けずに済んだでしょう。

物価が上昇すると目減りする

「私は国内だけの取引しかしないから、為替レートが代わっても平気」という方も、預金だけではインフレに対応できません。
確かに国内だけの取引であれば、円しか使用しないので為替レートは関係ありません。
しかし、円安により海外からの輸入品の価格が上がり、輸入品を使用している製品や食品の物価が上昇すれば、今までよりも多くの円を使わなくてはなりません。
インフレは円安に関係なく起こることもあります。
たとえば、景気が良くなり、みんながモノを買うようになるとモノの価格は上がります。
世界情勢によって石油の価格が高騰すれば、石油製品の価格は上がります。
運送業の人であれば、社会全体がインフレでなくても、ガソリンの価格が上がれば大ダメージを受けてしまいます。

モノの価格が上がってしまうことは仕方のないことですが、円だけじゃなく外貨も持っていれば、外貨の値上がりによって円の損失分をペイできたかもしれません。
そう考えると、預金以外にも投資を行い、リスクを分散させておくことは悪いことではありません。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る