貯める

節約したい人向け!上手な買い物の仕方

家計のやりくりに悩む主婦や一人暮らしの人にとって、「買い物上手になりたい」というのは切実な願いだと思います。買い物上手になれば、浮いたお金は家族旅行や趣味など好きなことに費やせるようになります。ここでは上手に買い物ができる方法をご紹介します。今すぐにでも実践して、買い物上手になりましょう。

食費を節約する上手な買い物の仕方

事前に買い物メモを作成

買い物に行く前に、冷蔵庫の中をチェックしましょう。何が足りていて何が足りないのかを洗い出し、その日買うべきものをリストアップします。このあたりを有耶無耶にしたまま買い物をすると、とっくに足りている食材まで買ってしまうことがあり、非常にもったいないです。買い物メモを作成することは無駄遣いを防ぐだけではなく、必要なものの買い忘れも防ぐことができるので、一石二鳥です。

カートは使わずに買い物する

スーパーマーケットで用意してくれているカートは、上と下の2箇所に買い物かごを置けるようにしているものが多いので、大量に買い物をするときには非常に便利です。しかし、無駄遣いを防ぐにはカートを使用せず、手に買い物かごを持って買い物することをおすすめします。そうすることで直接重みが伝わってくるので、どのくらいの量の商品が買い物かごに入っているかを実感しやすくなり、無駄遣い防止につながります。重い買い物かごを持って長時間ウロウロするのはしんどいので、早く買い物を終わらせようという心理が働き、時間の短縮にもなるでしょう。

買い物に行くときは満腹の状態で

買い物に行くときは、できるだけ満腹の状態で行きましょう。空腹の状態でスーパーに入ってしまうと、周りにあるものがすべておいしそうに見えてしまい、あれもこれもと買いたくなってしまいます。いくら事前に買い物メモを作成していたとしても、その状況で我慢するのはなかなかしんどいと思います。満腹の状態なら、空腹のときに美味しそうに見えていた食べ物でも、そこまで欲しいという気持ちにはならないはずです。

お財布にはその日の買い物で使う金額しか入れない

お財布には、その日の買い物で使うであろう金額しか入れてはいけません。お金を多めに入れていると、つい余分に買い物をしてしまいやすくなります。最低限必要な金額しか入れていなければ、その中でどうにか買い物しようとする心理が働くはずです。事前に計算しなければならないので少し手間はかかりますが、誘惑に打ち勝つ自信がない人はこのくらいの準備はしておきましょう。

業務用スーパーで買い物する

業務用スーパーと聞くと、業者専用のスーパーというイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、個人の買い物でも利用できる業務用スーパーはたくさんあります。業務用スーパーでは、大容量の商品を安価で購入することができます。生鮮食品は大量に買っても腐らせてしまう可能性が高いのでおすすめできませんが、缶詰やインスタント食品のようにストックできるものは業務用スーパーで買うのが良いでしょう。ただし、安いからと言って大量に購入し、食材をすべて使い切る前に消費期限を過ぎてしまうようなことがあっては元も子もありません。家族の人数や食べる量を考え、計画的に購入しましょう。

お菓子は手作りする

お菓子作り
スーパーでつい買いすぎてしまうものの一つに、お菓子があります。一つ一つのお菓子は安いですが、毎日買っているとそれなりの金額になってしまいます。しかし、お菓子好きな人がお菓子を断つのはそう簡単にできることではありませんし、甘いものは人の怒りや悲しみを緩和させる力があるため、お菓子をやめることでストレスが溜まりやすくなる可能性が高いです。そこで、お菓子は買うのではなく、自分で手作りすることをおすすめします。「お菓子作りってなんだか難しそう…」と思う人もいるでしょう。しかし、ホットケーキミックスを使うと初心者でも簡単にクッキーやケーキを手作りすることができます。ホットケーキミックスを使ったレシピは、クックパッドにたくさん投稿されています。お菓子を手作りすることは節約になるだけではなく、趣味や特技を増やすことにもなるので自信につながります。ぜひ一度挑戦してみてください。

割高でも消費できる量だけ買う

小さくカットされている野菜より、カットされていない野菜のほうがお得に購入できることがあります。大家族もしくは大食いの人がいるご家庭なら、カットされていない野菜を選んでも良いでしょう。しかし、ごく普通のご家庭であまり大きすぎる野菜を購入しても、すべて使い切れずに腐らせてしまうことがあります。こうなってしまうともったいないので、多少割高になったとしても使い切れる量だけ購入するようにしましょう。

野菜の保存環境を整える

野菜の保存環境を整え、できるだけ長く保存できるようにすることも大切です。以下のような方法で、野菜を長く保存できます。

  • ジップロックや真空パックに入れて密封する。
  • 冷凍保存する。
  • トマトは水煮にする。
  • ナス・キュウリは浅漬けにする。
  • 新聞紙でくるむ。
  • 直射日光や湿気の多い場所は避け、風通しの良い場所に置く。

買い物は開店直後に行く

遅い時間に買い物に行くと値引きされた商品を買えるというメリットがありますが、早い時間に行ったほうが良いときもあります。それは、先着順で限定品を安く買えたり、無料でもらえたりするときです。限定品は、開店直後に行かなければ手に入れることは難しいでしょう。また、開店直後はまだ人が少ない時間帯ですので、スムーズに買い物ができるという点でもおすすめです。

買い物は子どもと一緒に行かない

子どもと一緒に買い物に行くと、お菓子を買ってしまいがちです。「今日はお菓子は買わない」と告げると、店内で駄々をこねられ、ほかのお客さんや店員さんに迷惑をかける可能性もあります。たまに買ってあげるのは良いと思いますが、基本的にはお菓子は手作りし、買い物はできるだけ一人ですませるようにしましょう。

衣料費を節約する上手な買い物の仕方

一人っ子の子ども服は安いものでOK

子ども服はかわいいものが多いので、多少高価なものでも買ってあげたくなるのが親心だと思います。しかし子どもの成長は速く、どんどん大きくなってしまいます。今年着ることができた服でも、来年には着られなくなっているということも珍しくありません。短い間しか着ない可能性が高いので、一人っ子の子ども服は長持ちするものを選ぶ必要はありません。できるだけ安いものを購入するようにしましょう。

年下の兄弟がいる場合は、良い子ども服を選ぶ

一人っ子の場合は安いもので充分だとご説明しました。しかし年下の兄弟がいる場合は、多少お値段が高くても良い服を購入することをおすすめします。安い服は生地や縫製がしっかりしていないものが多く、すぐ駄目になってしまいがちです。それに比べ、高い服は作りがしっかりしているので、弟や妹の代まで使える可能性が高いです。

季節はずれの服を買う

季節はずれのものが売られているとき、定価よりだいぶ値引きされているはずです。そのような商品を見つけたら、来年のために買い置きしておきましょう。すぐに結果が出る方法ではありませんが、来年以降かなり節約することができます。

家でケアできる服を買う

服にかかるお金は、購入代金のみではありません。クリーニング代は、意外と大きな出費になります。服を購入する前に、品質表示を見て家でケアできる素材かどうかをチェックしましょう。最近では、家で洗えることを売りにしている「ウォッシャブルスーツ」という名前のスーツも販売されています。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る