貯める

カナリの痛手!年末年始の節約方法まとめ|帰省代やセールにご用心

おせち年末年始は、何かとお金が掛かってきますよね。クリスマスやお世話になった方へのお歳暮、帰省代・・・・・・考えるだけで頭が痛くなってしまいます。そんな年末年始の出費を少しでも節約したいと思う人は多いのではないでしょうか。ここでは、年末年始の出費を節約する方法をお話していきたいと思います!

年末年始は何かとお金が掛かる

年末年始は何もしていなくてもお金がなくなってしまう季節です。「今月はたいしたことをしていないのにお金だけなくなってしまうな・・・・・・」と感じている人も多いですよね。そんな、何かとお金が掛かってしまう年末年始でも無理なく節約をできる方法がありますよ!

とにかくお金が掛かってしまう年末年始

年末年始に掛かってしまうお金はどんなものなのでしょうか。最初はお歳暮、次に控えているのはクリスマスです。更には大晦日、お正月、子どもはお年玉を期待していることでしょう・・・・・・パッと考えても、これだけの出費が待っています。これでは、お金もどんどん減ってしまうわけですよね!

節約できるところは節約したい

節約できるところは節約してしまいたいと思う人はとても多いです。ただ、節約をしたいと思っても、年末年始はどこをどのように節約すればいいのかわからなくなってしまう人もいます。年末年始の節約のコツは「節約できるところを探して節約をする」ということです。無理に節約に励んでしまってはせっかくの年末年始も楽しくなくなってしまいます。

年末年始を楽しく過ごすための節約術が知りたい!

1年の締めくくりと、1年の始まりはできる限り楽しく過ごしたいですよね。無理をして節約してしまっては重要な、「楽しく過ごす」ということができなくなってしまいます。ここでご紹介していくのは、年末年始を楽しく過ごすことを邪魔しない節約術です。

年末年始の節約できる部分とは?

節約をしたいと思っていても、「何を節約すればいいのかわからない・・・・・・」という人は多いです。年末年始はお金が掛かってしまうものだし、その時の出費は諦めているなんて人もたくさんいます。ここからは、年末年始でも節約ができる部分はどこなのかということについて詳しくお話をしていきたいと思います。

帰省代は節約の宝庫!

年末年始に実家へ帰省するという人は、とても多いですよね。少し遠くの田舎へ帰るとなると、帰省代もそれなりに掛かってきます。実は、この帰省代が節約にもってもいの部分だったのです。新幹線で帰省しているなら車で、車にもETCをつけると高速代が安くなります。ETCをつけるにもお金が掛かりますが、数回使えば元は取れます。この機会にETCをつけてみることを検討してはどうでしょうか。

お正月に食べたいおせちは自分で作る

お正月はおせちを食べるという家庭はまだまだ多くありますよね。ですが、おせちはお店で購入すると結構値段がしてしまいます。1段で1万円、2段で2万円という値段も普通ですよね・・・・・・これを購入するとなると、結構な出費になってしまうでしょう。そんなときは、おせちを自分で作ってみてはどうでしょうか。それなら自分が食べたいものを食べたい分だけ作れて、しかも安上がりでできます。子どもと一緒に伊達巻を作ってみたり、栗きんとんをつくってみたりというのも楽しくておすすめですよ!

年末年始のセールは節約の敵だった

年末年始はセールで買い物をたくさんすると張り切っている人もいるのではないでしょうか。確かに、普段よりも安い値段で買い物ができるので楽しみにしている人も多いはずです。ですが、年末年始のセールは節約の敵だということを知っていますか?ついつい本当にほしいもの以外を購入してしまう・・・・・・なんてことも多くなってしまいます。絶対にほしいものを決めておいて、それ以外は買わないようにするなどの工夫が必要になってきますね。

お金をなるべく使わないようにするには?

年末年始にお金をなるべく使わないようにするにはどうすればいいのでしょうか。なんとなくすごしてしまうと、どうしてもお金はなくなりやすくなります。ここでは、なるべくお金を使わないようにする簡単な方法をいくつかご紹介していきます。

事前にいくら使うのかを決めておく

1つ目の方法は、事前にいくらお金を使うのかということを決めておくというものです。これを決めておくと、「○○円で収めよう」という気持ちがわくので、無駄使いをしずらくなります。あまりキツキツな予算にすると途中でいやになってしまうので、少しだけ余裕のある金額にすると良いでしょう。

財布には使う分しか入れておかない

2つ目の方法は、お財布に使う分しかお金を入れないというものです。余計なお金まで入っていると、どうしても甘えが出てきてしまいます。また、どれが何のお金なのかわからなくなってしまうというトラブルを防ぐこともできます。

家族全員で「節約しよう」という意識を持つ

1番大切なのは、家族全員で節約しようという意識を持つということです。家族の中で1人だけが節約しようと頑張っていても、絶対に節約はできません。「今月は1週間を○○円で過ごすから、協力してね!」と伝えておくことをおすすめします。

年末年始の節約方法まとめ

ここでは、年末年始の節約についてお話していきました。何かとお金が掛かってしまう年末年始ですが、無理をしなくても少し意識をするだけで意外と簡単に節約することができます。節約しやすいのは、帰省代とおせち、年末年始のセールなどです。また、事前にいくら使うのかを決めていたり、財布に使う分しか入れておかないという工夫で、使いすぎを防ぐこともできるでしょう。1番大切なのは、1人で節約しようとせず、家族みんなで頑張るということです。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る