借金

借金の取立で居留守を使うとどうなるの?

訪問回収ってよくあるの?

ドアノック

借金の回収方法は、主に電話回収と訪問回収に分けられます。
初めは電話回収を行い、それでも返済されない場合に訪問回収を行います。
電話回収は電話一本でできますが、訪問回収ですとわざわざ債務者の自宅まで行かなくてはなりませんので、時間もコストもかかります。
それでも確実に回収できるとは限りませんし、債務者に会えないことも多いです。
ですので、金融会社はあまり訪問回収を行いたくありません。

しかし、回収せずに貸し倒ればかり発生していては赤字になってしまいますし、そもそも訪問回収を実行しないと不良債権として認めてもらえません。
担当者には回収のノルマもありますので、「訪問回収するからには必ず債務者に会って支払ってもらう」という強い意識を持っています。

そのため、担当者が自宅に来た時に居留守を使っても、なかなか帰ってもらえないことがあります。
特に「ここで回収しないとノルマを達成できない!」という場合には、朝から晩まで家の前で粘られてしまうこともあります。

回収時間は規制されている

貸金業法では「社会通念に照らし不適当と認められる時間帯」における回収行為が規制されていますので、夜21時~翌日8時までの回収行為はできません
また、1日に何回も取立したり、長時間張り込みした場合も、貸金業法違反に該当する可能性があります。
しかし、連絡を無視している債務者については、訪問回収によってコンタクトを取らなくてはなりませんので、あくまで程度の問題となります。
張り込みについては偶然を装うこともできますので、債務者にバレないようにこっそり張り込んでいる場合もあります。

たとえば、連絡を無視している債務者ともっとも会える可能性があるのは、出勤・帰宅時です。
出勤時にコンタクトを取ろうとした場合、債務者が8時前に自宅を出ても、8時を過ぎるまでこっそり後を付けていき、回収可能時間になったら「今出勤ですか?奇遇ですね」と声をかけられるというケースもあります。

債務者に追い払われてしまえば、その場で話し続けることも「執拗な取立行為」になるため難しいですが、直接担当者に会ってしまえば、大抵の場合無碍に扱うことはできませんよね。
時効を狙っているなら別ですが、返済の意思がある場合は、その場で一部を支払うか、今後の返済計画について話し合うこととなるでしょう。

居留守はバレている

中には、21時~8時の回収不能の時間帯はほとんど外出せず、担当者に対して居留守を使う方もいます。
しかし、郵便物の有無や電気メーターのスピード、ドアノブの埃などから、自宅に人にいるかどうか判断することはできますし、不在であればどのくらい家にいないのか、帰宅時間は何時くらいになるのか、近所への調査なども交えて推測することができます(プライバシーの問題がありますので、近所への調査などは会社名を伏せて行います)。

ですので、居留守を使っていることは担当者にもバレてしまい、債務者が出てくるまで何時間も玄関前で粘られてしまう可能性があります。
玄関を激しく叩いたり大声で喚き散らすという行為は、威圧行為やプライバシーの侵害として貸金業法に引っかかる可能性がありますので、基本的には行いません。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧