借金

債務整理した後もお金を使いたくなる?債務整理=解決ではない!

3年間コツコツ返済できる?

青い階段

債務整理すると、基本的にどの金融機関からも借りられなくなります。
ブラックだけど収入が十分あって返済能力が高いというケースなら、大手以外の消費者金融で借入できる可能性はありますが、収入が少ない、しかも債務整理の返済(和解・調停案で決まった金額の返済)が終了していない最中ですと、どの消費者金融でも新規借入は難しいでしょう。
自己破産以外の債務整理は、大体3年を目途に返済できるプランを考えますので、3年間コツコツ返済すれば借金は完済できます。
あと2年経過すれば、信用情報からブラック情報を消すこともできます(ブラックの登録期間は、基本的に若いが成立してから5年間)。

しかし、3~5年という期間は長いです。
特に収入が少なくて、毎月返済があるために娯楽費などを捻出できない場合などは、ストレスも溜まってきます。
カードローンでお金を借りることに慣れていると、お金を使わない返済だけの生活というのは、かなり辛いものがあります。
初めは真面目に返済していても、一度返済が滞ってしまうと、糸が切れたようにだらだら返済するようになり、再び調停することになる方もいます。
反省の色が見られないとして、一度免除された利息が復活する可能性もあります。

状況が悪化してしまうことも

怖いのは、そのような状態で一発逆転を狙いギャンブルに嵌ってしまうこと、新たなカードローンが組めないからといってヤミ金に手を出してしまうことです。
普通にコツコツ3年間返済すれば、少なくとも借金が完済できて、今まで返済していた金額を自分の好きなことに使えるようになります。
それなのにギャンブルで給料を使い切ってしまい、債務整理の返済が滞って3年で返済できず、お金に追われる日々を5年も10年も続けてしまう…このような方も少なくありません。
いくら債務者を救済できるシステムがあっても、本人がお金に追われる日々を選んでしまうと、他人にはどうしようもありません。

借金癖は遺伝的要因?

一見不幸な人のように思われますが、ギャンブルや借金を繰り返す人の中には、スリルを味わうために自ら進んでリスクの高い状況を選んでしまう方もいます(もちろん全員ではありません)。
コツコツ返済して安定した生活をするよりも、ギリギリの状態を生きている方が、本人にとって楽しいのです。
スリルを求める欲求を「刺激欲求」と言いますが、生まれながらに刺激欲求の強い遺伝子が備わっていると、環境に関わらずリスクの高い生活を送りやすくなります。
刺激欲求の強い人は、モチベーションが高い、知的好奇心が強いなどの傾向もあり、社会的に有利になる性質も備えているのですが、自分の欲求をコントロールできないと破局に向かってしまう可能性もあります。
そのような方は、お金を使いたい衝動に駆られた時に、別のことで欲求を発散できるよう工夫する必要があるでしょう。

債務整理に強い弁護士に相談
カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る