借金

ソフト闇金は本当にソフトなのか?ソフト闇金と闇金の違いを徹底分析

急増しているソフト闇金の利用者

ソフト闇金「闇金」というと、違法な利息でお金を貸す悪徳業者で、「闇」という名称がつくくらいですから地下に潜っているものだと思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、最近の闇金業界にも変化が現れ始めています。それが「ソフト闇金」という存在。このソフト闇金にお金を借りに行く人が急増しているのです。これは2010年に貸金業法が改正され、借り入れ総額の総量規制が設けられたため、一般的な金融会社、消費者金融からお金を借りることができなくなった人が、ソフト闇金に駆け込んでいるという状況になっているのです。

このソフト闇金。闇金が地下に潜っている存在であるのならば、ソフト闇金は表に出ている存在の闇金業者です。中にはオフィシャルホームページを持ち、堂々と「ソフト闇金」と謳っている業者もあるほど。しかし、いくら「ソフト」とついていようが闇金は闇金。違法業者には変わりありません。

ソフト闇金と闇金の違い

ソフト闇金業者といっても数え切れないくらいの業者が存在していますので、設定利息や取り立てサイクルなどは業者によって異なります。ただし、「ソフト」と銘打っているだけあって、通常の闇金とは一線を画す面があることも事実です。

ガチガチの闇金とソフト闇金はどこが違うのか?

例えば利息、闇金の相場は1週間で5割・4割が基本ですが、ソフト闇金の場合は2週間で2割・3割のところが多いようですね。そう考えると闇金に手を出すよりはソフト闇金の方がまだマシ…と考えてしまうのも頷けます。

また、ソフト闇金は一般的な闇金より対応が丁寧なところが多いです。まるで普通の消費者金融に借り入れの相談をしているかのような錯覚に陥ることも。この点も「ソフト」と言えるポイントなのでしょう。

さらに、闇金よりも融通が利くという点もソフト闇金にのめり込んでしまう大きなポイントでもあります。初めは返済サイクルを7日や14日などに設定し、返済を迫られますが、その返済期日をしっかりと守ることができれば、給料日後の1ヶ月などに変更できる業者もあるのです。これは闇金業者では考えられないこと。悪徳業者になると3日おきなどに利息の取り立てにやってくるところもあるので、信用を得ればソフト闇金はかなり融通の利く金貸し業者になるのです。

その他にも、直接会うことなく電話のみで融資をしてもらえる点(闇金は直接会って交渉することがほとんど)や、延滞金も1000円程度のところが大多数(闇金は5000円くらい取られてしまうところが大多数)、ちょっと返済が厳しい場合は相談にのってもらえるなど、ガチガチの闇金にはない利点が多数存在します。

こう見てみると、消費者金融が使えない人やクレジットカードが作れない人には魅力的なシステムの金貸し業者に思えますが、闇金は闇金。ガチガチの闇金業者に比べるとシステム的にはソフトですが、違法業者に変わりはありません。つまり、安易に手を出すと痛い目に遭う覚悟を持たなければならないということです。

ソフト闇金返済シミュレーション

ソフト闇金でお金を借りた場合、どういうシステムで返済していかなくてはならないのか、その相場をご紹介します。

返済利息と支払い期日

ソフト闇金業者にもよりますが、初回の取引の場合、利息が少し高めに設定されていたり、返済サイクルが短めに設定されていたりすることがほとんどです。

例えば、某ソフト闇金業者の場合は1週間で2割、10日で3割、手数料3000円が初回貸付利息とサイクルになっています。これを実際に借りた場合でシミュレーションすると…

3万円を1週間サイクルで借りた場合

3万円借りた場合の1週間の利息は6000円。それに手数料の3000円がプラスされて、返済額は39000円となります。しかし、利息と手数料は先に引かれるので、手元に入るお金は30000−6000−3000の21000円。もちろん、借りたお金は3万円ですので、1週間後に3万円を完済しなければなりません。先に利息を引かれるのは通常の闇金と同じということですね。完済できない場合は1週間の利息である6000円を返済するというカタチになります。

3万円を10日サイクルで借りた場合、

3万円を10日サイクルで借りた場合、利息は9000円。手数料と合わせると12000円となるので、実際に手元に入るお金は18000円となります。そして10日後に30000円を返済するか、利息分の9000円を返済するかというカタチに。3万円貸して欲しいと思っているのに、18000円しか借りることができないというのはなんだか納得のいかないお話しですが、これが、ソフト闇金の一番オーソドックスなシステムです。

返済できなければもちろん取り立てが始まる

丁寧な対応、融通の利く返済サイクルなどお金を借りる人の気持ちを考えてお金を貸すということを謳っているソフト闇金ですが、いざ返せないとなると、その態度は一変します。ソフトでも闇金は闇金ですから、いつまでも返済を待ってくれるようなことはありません。

家族への連絡や会社への連絡は当たり前。闇金からお金を借りていることを知られたくない人にとっては大きなダメージになります。会社からの信頼を失い、家族や親族から白い目でみられることもあるでしょう。そうならないためにも「借りないこと」が一番重要といえるのです。

また、金貸し業者は横の繋がりも強いので、他のソフト闇金業者を紹介して、そこから借りて返済しろ!と迫る業者もいるのだとか。そうなると負のスパイラルに陥ることは確実といえますね。

女性がターゲットになりやすいソフト闇金

ソフト闇金の手口はかなり巧妙。特に女性をターゲットにしたソフト闇金業者も多いようです。それは、貸す側と借りる側の信頼関係を完璧に築き上げるところにあります。通常の金貸し業者ではやらないような、人生相談を親身に聞いたり、恋愛相談にのってあげたり、生活の相談にのってあげたりと、とにかく優しく接して信頼関係を築くことがソフト闇金業者の手口。

闇金に手を出してしまう人の大半は人に言えないような秘密を抱えていることが多いので、相談にのってもらえる、話を聞いてもらえるだけでも気分が高揚してしまうもの。そうなると、「この人は闇金の人だけど信頼できる」という錯覚に陥ってしまう人が多くなり、この人のためにもお金はしっかり返さなければ…という発想になってしまうのです。これが、顧客を逃さずきちんと返済してもらえるようにするためのソフト闇金の手法というわけ。いかにも女性が陥りやすいパターンといえるのではないでしょうか?

また、信頼関係を築くことで、弁護士や警察に行かせないといった心理操作も行われています。これもまた、信頼できる人を裏切るような真似はしたくないといった心情に働きかける手口のひとつ。完全に信頼関係が出来上がってしまったら、警察や弁護士に相談するという考えを持つ人はほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。

闇金仲間を増やす「グルーピング」

上記のように信頼関係を築いた上で行われるのがこの「グルーピング」といったもの。これは、知人でお金に困っている人を自分が使用しているソフト闇金業者に紹介して、闇金仲間を増やす手法。紹介された側も知人からの紹介なので躊躇することなく、お金を借りてしまう人が多いようですね。

また、このグルーピングの最悪な点は、利息の回収を知人間で催促させ合うというところ。知人同士ということもあり迷惑をかけたくないという思いから、返済に奮闘するというのが債務者の行動心理です。

このグルーピングも女性をターゲットに行われることが多く、中には返済に困り、セックスワークに行く人や他の闇金からお金を借りる人も少なくないといわれています。

耳触りのよい言葉を鵜呑みにしないこと

「ソフト闇金」でインターネット検索をすると、実に良心的な言葉が羅列してあります。お客様のための業者、厳しい取り立てはしません、返済期限の相談にも応じますなどなど、いかにも良心的な金融業者を装っていますが、忘れてはいけないのが、闇金は闇金であるということです。

どんなにキレイなホームページが作られていようとも、どんなにいい言葉が並んでいようとも、簡単にお金を借りることができたとしても、違法業者に変わりありません。返済が滞れば手のひらを返したように、執拗な取り立てが行われます。それはガチガチの闇金と同じ手法で…。

「ソフト」という言葉に惑わされる人が多いですが、それはあくまでとってつけたようなもの。ガチガチの闇金より利息は少しばかり低く設定されていますが、そう変わりはありません。「闇金」というものに手をださない!これが最善策といえるでしょう。

債務整理に強い弁護士に相談
カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る