借金

住宅ローンの返済ができない!競売にかけられるまでの期間は?

期限の利益喪失とは?

競売

住宅ローンの返済ができなくなると、家を競売にかけられて住めなくなる可能性がありますが、すぐに競売が行われるわけではありません。
返済が滞ると担当者から電話が来るようになりますが、3ヶ月くらい遅延が続くと「期限の利益喪失」となり、分割払いではなく一括払いで返済するよう請求されます。
「期限の利益」とは、ローンで返済できる債務者の権利であり、これを喪失することで分割払いできなくなります

つまり一括返済で請求されるということですが、一括請求に応じられない場合、銀行は保証会社から代位弁済(借金の肩代わり)をしてもらい、今度は保証会社から債務者に対して一括請求が行われます。

ただし、不良債権を増やしたくない銀行の場合、6ヶ月~1年程度「期限の利益喪失」にするのを先延ばしにしてくれるケースもあり、担当者と相談することで「期限の利益喪失」を先延ばしできる可能性があります。

任意売却を求められる

保証会社の一括請求に応じられないといよいよ自宅を手放すように要求されますが、初めは競売ではなく任意売却を求められます
任意売却とは、債務者の意思で売却することです。
競売にかけると、銀行側が費用を負担しなくてはならず、手続きの手間も時間をかかりますので、債務者自身にやってもらおうということです。

地価が高騰していて即座に売却した方が銀行の利益になるような場合には、すぐに競売にかけられてしまう可能性もありますが、ほとんどの場合は上記のような過程を経てから競売にかけられますので、延滞からしばらくは出ていく必要がありません。

競売から明け渡しまで

しかも、競売には時間がかかります。
銀行が裁判所に競売を申し立て、「競売開始決定通知」が郵送されてくるまで1~2ヶ月、執行官と不動産鑑定士が訪問して現地調査を行い、競売開始の価格を決めるのに2ヶ月、入札が開始されるまでに1~2ヶ月、さらに落札から所有権転移の手続きを行うのに数ヶ月かかります(落札者が決定しない場合、特別競売へかけられます)。
競売申し立てから所有権が移転するまで半年程度かかりますので、遅延から1年程度は今まで通り住み続けることができます。
ただし、ケースによって明け渡しまでの期間が短くなる場合もありますし長くなる場合もあります。

競売の取り下げ可能

また、競売開始日の前日までに競売を取り下げてもらうことも可能ですので、競売が始まるまでに任意売却できる相手(親戚や知人など)を探して、任意売却後にその相手から家を住まわせてもらうという方法も可能です。
その場合は返済をどうするか、その相手と直接交渉すればよいのです。
もちろん一括返済できる金額を集めることができれば、競売をストップして住宅を完全に自分の物にすることができます。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧