借金

本人に内緒で借金を返済できる?

第三者が返済することは可能?

悩む女性

家族や友人が借金していることを知り、本人に内緒で借金を返済したいと考える人もいるでしょう。
自分にお金がある場合、代わりに返済してしまえばこれ以上利息はかかりませんし、家族や友人も借金の返済に追われることはありませんよね。
そう考えて、本人の代わりに借金を返済してしまう方も実際におりますが、結論から言うとあまりおすすめできません。
まず、本人に内緒にすることが難しいからです。

そもそもキャッシングは個人契約ですので、保証人等になっていない限り、第三者による弁済を認めないという業者も多いです。
もちろん、お金を返してくれれば誰でもよいという業者もおり、本人の代わりに返済できる場合もあります。
その場合、銀行口座に勝手に入金するわけにはいきませんから、店頭窓口に行って支払うこととなります。
しかし、第三者が弁済する場合「債務者の意思に反する弁済はできない」と法律で定められていますので、その場で本人に電話確認されることが一般的です
また、本人との関係を確認するために身分証明書を求められることも多く、こっそり返すというわけにはいきません。

内緒にはできない

キャッシングを完済すると、本人宛に郵便で明細書が届きます。
そのため、毎月お金を振り込んでいる方も、口座引き落としにしている方も、借金を完済したことは分かります。
自分の借金を把握している方なら、「自分は払っていないのになぜ?」と疑問に思いますし、業者に問い合わせれば誰かが代わりに返済したことを知るでしょう。
自分の利用状況を知らず、口座引き落としのまま放っておいたという方なら「いつの間にか借金を完済していたようだ」などと勘違いする可能性もありますが、それが本人のためになるとは限りません。

代位弁済しない方がよい理由

借金に苦しんでいる人を見て、第三者が借金を肩代わりしてあげるというケースは少なくありません。
しかし、自分で返済の痛みを味わわないと、再び同じことを繰り返してしまう可能性が高いです。
たとえ本人が反省しているように見えても、周囲の人が助けることで「困っても誰かが助けてくれる」と無意識に思ってしまいます。
借金をすることは悪いことではありませんが、不必要に借金を繰り返してしまう場合、本人がその原因を見つめ直し、自分の行動をコントロールしていく必要があります。
その学びの機会を奪ってしまうのはよくありません。

あくまで本人の問題

しかも、本人に内緒で借金を返済するということは、頼まれていないことをするわけですから、余計なお世話と捉えられてしまう可能性があります。
特に頑張って借金を返済している人にとっては、「自分で完済した」という達成感を味わうことが非常に重要なわけです。
完済の喜びを味わうためにコツコツ返済しているのですから、そこに横やりを入れてしまっては本人の中で不燃焼感が残りますし、プライドも傷付きます。

本当に困っているなら別ですが、本人が助けを求めていない以上、第三者が返済する必要はありませんし、適切に借金を処理する方法もあります。
本当に困っている方には、まずは債務整理を勧めてみてはいかがでしょうか。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧