借金

借金の返済と貯金!両立させることは難しい!? 悪循環から脱する方法は?

借金の返済と貯金の両立はできるのか?

頭を抱える男性借金の返済をすれば貯金ができない、貯金を優先すれば借金の返済が滞ってしまう……そんな悪循環に陥ってしまっているという人も多いはずです。

そもそも借金というのは、しっかりとした計画を立てた上で背負うものですが、そうはいってもなかなか思うとおりにいかないのが世の中というものです。

住宅ローンやマイカーローン、それにカードローンやクレジットカードなどを含めれば、借金していない人などいないとも言えるくらい、ほとんどの人が何らかの借金を抱えている時代です。

借金返済優先か? 貯金優先か?

借金を返済するにしても貯金をするにしても、優先順位というものも必要となります。借金返済も貯金も両立できるのであれば、そもそもそんな悩みなど不要ですし、この記事を読む必要もないでしょう。

優先順位を決めるということは、ハッキリと言ってしまえば両立は難しいということになります。例えば収入をアップさせるための方法があるなら、借金返済と貯金を両立させることは難しくありません。

しかし、現状のままで借金返済と貯金を両立させたいということであれば、そこは難しいと言わざるを得ません。

まずは優先順位!最優先すべきは当然借金返済です

優先順位を決めるなら、間違いなく借金返済が最優先となります。
例えば、カードローンやクレジットカードの借金なら、毎月の返済額以上の返済――つまり、繰り上げ返済をすることもできます。貯金云々を考えるのではなく、いかに借金を完済させるかを最優先に考えましょう

大きな金額を貯金するのは諦める!コツコツ貯金に切り替えましょう

借金の返済に全力を傾けることになれば、貯金というものは一旦忘れるくらいの気持ちが必要になります。
ただし、「お金を貯める」という気持ちは持ち続けたいものです。大きなお金は貯金できなくても、毎月少ない金額をコツコツと貯める癖を付けておきましょう。少額であれ、お金を貯めていれば確実に貯まっていくことに変わりはありません。

コツコツ貯める方法としては「貯金が楽しくなる方法!? お金が貯まらない人はこんな方法を試してみよう!」も参照してください。

とにかく借金完済が第一!完済してしまえば貯金し放題です!

借金と貯金を天秤にかけた場合、重点を置くべきはやはり借金の完済です。
もちろん、住宅ローンやマイカーローンなどはすぐに完済させることは難しいでしょう。しかし、キャッシングで作った借金なら返済に重点を置くことで早めに完済させることは十分に可能です。

完済まで我慢する!生活を見直して無駄を削るのは有効?

借金返済で当たり前のように語られるのがこの方法ですねよね? 要は、徹底的に無駄を省いて節約に励み、浮いた分を借金返済へと回す方法です。

この方法も確かに効果的な面もありますが、ハッキリ言ってそう長続きするものでもありません。ストレスは溜まりますし、ヘタをすればその反動で無駄遣いが増える恐れもあります。

借金完済までの道のりが長ければ長いほど、継続するのに大きなストレスを抱えることになります。お金は貯まらないのにストレスだけが溜まるなら、最初からこの方法は考えない方がいいかもしれません。

まずはお金の流れを把握することから始めましょう

住宅ローンやマイカーローンなどのような目的型ローンならともかく、カードローンやクレジットカードで借金がかさんでしまう人の多くには、ある共通点があります。それが「無駄遣いが多い」ことです。

無駄遣いが多い=依存度が高いということになります。少々厳しい言い方になってしまいますが、そんな人がひたすら我慢するだけの節約に励めるはずがありません。

まずは、自分自身のお金の流れを把握し、どこに無駄が隠れているかを洗い出すことから始めてみましょう。

ちょっとした我慢を覚えましょう

例えば毎日1箱のタバコを吸っているなら1日10本で我慢してみる、1日3本のコーヒーを自販機で買っているなら2本で我慢してみる――という風に、1日のうちどこかでちょっとした我慢をしてみるだけでも、数千円を浮かすことができます。

また、思い切って副業を始めるのもひとつの方法です。副業で収入をアップさせれば、我慢しなくても借金返済や貯金もできるようになります。
ただし、先にも述べましたが、借金の多い人はお金に対する依存性が高い傾向になるため、収入が増えたらその分無駄遣いも増えてしまう恐れもあります。その点には十分に注意が必要です。

言い換えれば、借金返済にしても貯金にしても、まずは自己管理能力と努力というものがなければ達成は難しいかもしれません。

最終的な手段!債務整理

借金の返済がどうしても苦しい! でも副業するパワーも無い!我慢もしたくない!というなら、もはや選択肢はひとつ――債務整理しかないでしょう。

これまで返済に充てていた分を貯金へ回す

借金返済を軽減させるもっとも手っ取り早い方法が、債務整理です。任意整理や自己破産など様々な債務整理の方法がありますが、どれを選んでも最低5年、最長10年は新たな借り入れができなくなります。

しかし、一方ではお金に甘えるということができなくなるため、お金に対する依存症を改善させるには有効な方法でもあります。
ですが、依存度が高い人はヘタをするとヤミ金などまで手を出してしまう恐れもあるため、100%確実とは言い切れません。

ただし、債務整理という方法をとれば、少なくとも毎月の返済は軽減されますし、その分を貯金へ回すということも可能となります。

借りたものは返す!これが鉄則です

借金は誰のせいなのかといえば、自分で作ったものなのです。借りたら返す――これは誰もが知っている世の中の鉄則です。

しかし、事情によっては返済が苦しくなることだってありますし、そこから精神に異常を来してしまうことだってあります。借金返済のために働いているわけではないのに、結果的に借金のために働いているような状態になってしまっている人も少なくありません。

この記事は債務整理を推奨する記事ではありませんが、本当に苦しいのなら体を壊してしまう前に専門家に相談するのもおすすめです。
債務整理は決して逃げではありません。新しいスタートのための方法だと開き直ることもまた必要なのです。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧