借金

完済したのに信用情報が消えていない?

信用情報を消すためには?

ゴミ箱

ローン会社と契約すると、各社の加盟している信用情報機関に利用者の個人情報や取引履歴が記録されます。
それらの情報のことを信用情報といいますが、信用情報はずっと残るわけではありません。
信用情報はローン会社との契約が終了してから5年で削除されます。
契約が完了というのは、完済ではなく解約です
「消費者金融を完済してから5年が経っている。もう信用情報も消えただろうし、銀行の住宅ローンに申込もう」
このように考えて銀行に申込んだところ否決されてしまい、不審に思って信用情報を照会したところ、まだ信用情報に記録に残っていたという体験談もありますが、これは完済しただけで解約していないためです。
ですので、その時点で解約してもまた5年間経過しないと信用情報は消えません。
信用情報が傷付いて新たなローンが組めないという方は、完済後に必ず解約してから時間が経過するのを待ちましょう。

事故情報が消える期間は別

ただし、事故情報が消える期間と信用情報が消える期間は異なる部分もあります。
たとえば、消費者金融で延滞を起こし事故情報として登録されてしまった場合、日本信用情報機構(消費者金融系の信用情報機関)だけじゃなく他の信用情報機関にも事故情報は共有されます。
しかし、日本信用情報機構では「延滞解消」から1年で事故情報が削除されるため、他の信用情報機関がその事故情報を閲覧てきるのも「延滞解消」から1年間です。
1年待って銀行の住宅ローンやカードローンに申込む場合、事故情報は関係ない状態になりますので、そのことを理由に審査に落とされることはありません。

消費者金融は解約した方がよい?

もちろん、消費者金融を解約しなければ、事故情報が消えたとしても消費者金融のローン情報は残ります。
基本的に、銀行と消費者金融の間には事故情報以外に情報共有していませんので、消費者金融との契約内容や借入状況については分かりません。
しかし、消費者金融を保証会社にしていたり、自社グループに組み込んでいる銀行もありますので(全国規模でカードローンを展開している都市銀行は、ほとんど消費者金融と繋がりがあります)、そこから消費者金融のローン情報が入ってくることもあります。

一昔前の銀行は、消費者金融を利用していること自体が審査に悪影響を与えていました。
「消費者金融=属性の低い人が使用しているもの」というイメージがあったからです。
現在は消費者金融の審査も厳しくなり、銀行を利用する人とあまり差がなくなってきましたので(銀行の審査基準が低下しているとも言えます)、消費者金融と契約しているという理由だけで否決するケースは少なくなりました。
借入状況に問題がないのであれば、それほど深刻に考える必要はありません。
しかし、念のため消費者金融の信用情報を完全に消したいのであれば、解約して5年待つしかありません。

債務整理に強い弁護士に相談
カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る