借金

パチンコ依存から抜け出すには

パチンコによる借金苦で自殺する人も

ギャンブル
 パチンコに週3回通うパチンコ依存の人が1ヶ月で負ける金額の平均は約12万8,000円です。1年では約140万円にもなります。金持ちにとってはどうということのない金額かもしれませんが、庶民にとってはとてつもない大金です。所得が並以下なのにパチンコにディープにハマッてしまった時点でその人の人生はすでに詰んでいるといっても過言ではありません。

日本での自殺者数は年間で3万人以上に上り、その要因の第二位は経済的なもの。正確な数字はわかりませんが、パチンコによる借金苦がかなりの割合を占めているのではないかと見られています。大手のパチンコチェーン店だと店内のトイレで客が自殺をすることはそう珍しいことではないようです。しかし、日本のマスコミはそういったことは一切報道しません。日本のマスコミにとってパチンコ業界は非常に大きなスポンサーだからです。パチンコで作った借金の返済のために体を売る主婦もいるようです。

パチンコにハマッていく理由

一度パチンコ依存になってしまうとそこから抜け出すのは簡単なことではありません。どんなに心で「やめたい!」と強く願っても脳が「やりたい!」と訴えてくるからです。覚せい剤と同じです。ですので、いちばん良いのははじめからまったく手を出さないこと。ちょっと一回だけ試しに……なんて興味本位で打つのもダメです。そこが地獄の入り口になることもあります。

パチンコをはじめたばかりの人は1回に使う金額は数千円程度です。が、それが次第に増えていって万単位になり、収入のうち最低必要金額を除いた残りをすべてを注ぎ込むようになります。そしてついにはサラ金や同僚からお金を借りてまでパチンコに通いつめるようになっていきます。徐々にのめりこんでいってしまう理由は、一度に10万円単位の大勝を経験したことがあるから。たしかにパチンコは大勝をすることはあるのですが、トータルでは必ず負けるようにできています。しかし、パチンコ依存の人は勝ったときのことだけが強烈に頭に残っているので、どんなに負けがこんでも一度大勝すれば負けをすべて取り返せると思ってしまうのです。

意思の力だけでやめるのは困難です

パチンコ依存というのは立派な精神疾患のひとつです。パチンコ依存から抜け出したい人はそのことを認めることが大切です。自分の意思の力だけでやめることは困難です。「もう薬には手を出さないよ」と言っている薬物依存の人の前に薬を出せばやっぱり手を出してしまうのと同じように、「もうパチンコはやめよう!」と固く決心しても目の前にパチンコ店があればやっぱりまた店に入ってしまうのです。

パチンコをやめるためにいちばん有効な方法はパチンコを打てない状況に置くことです。協力してくれる家族がいるなら、カードや現金はすべて家族に預け、その日一日生活するのに必要なお金を毎日渡してもらいましょう。独り身であればクレジットカードはすべて解約し、手元にはギリギリの生活費しか残さないようにします。

次に「ほしいものリスト」を作ります。買う買わないは別にして、ちょっとほしい1万円以下のものをあげていき、その金額を合計します。すると、自分がパチンコに費やしている金額に比べるとあまりたいしたことないということに気づくはずです。これがあなたの本来の金銭感覚です。パチンコに行きたいという衝動が湧いてきたときは、ほしいものリストの中からなにかひとつ購入してください。パチンコ依存の人は金銭感覚が狂ってしまっていますので、自分がほしいものを妥当と思う金額で手に入れるというプロセスを繰り返すことによって本来の金銭感覚を取り戻すことが大切になります。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧