借金

親の借金は子供が引き継がなくてはならない?

相続放棄で引き継ぐ必要はなくなります

老夫婦
 親が借金を残して亡くなった場合、その借金は遺産を相続した遺族が引き継ぐことになります。遺産を相続するというのは、土地、建物、貯金などのプラスの遺産だけでなく、借金や未払い金などマイナスの遺産も相続するということだからです。

しかし、プラスの遺産よりもマイナスの遺産のほうが大きい場合、自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内に過程裁判所に相続放棄の申述をすれば、はじめから相続人ではなかったことにしてもらえます。ただし、プラスの遺産も相続できなくなりますので、相続放棄の申述をする前にプラスの遺産をマイナスの遺産どちらのほうが大きいのかを調べておくことは重要です。

親の借金は個人信用情報で簡単にわかります。この情報は、クレジットカード、ローンなどの借入契約時に利用されるもので、氏名、生年月日、勤務先などの他、借入状況、借入金額、最終返済日なども記されています。個人信用情報を管理しているのは、CIC、全国銀行個人信用情報、JICC(日本信用情報機関)の3つの機関で管理しています。生前であれば本人といっしょに行けば教えてもらえます。すでに亡くなっている場合は戸籍謄本など故人との関係を示す書類を提出しなくてはなりません。

個人信用情報で親の借金をチェック

住宅ローンなど返済期間が長期に渡るローンの場合、団体信用生命保険に自動で加入していることがほとんどです。この保険に加入していると債務者が亡くなったときに借金はチャラになります。本人もこの保険に加入していることを忘れていたり、認識していなかったりすることがあるのでしっかり確認する必要があります。クレジット会社の場合もこの保険に自動加入していることがあります。

ただし、遺族が連帯保証人になっている場合は話が別です。連帯保証人というのは債務者といっしょになって借金を保証するということなので、本人が亡くなったらその連帯保証人が代わりに返済しなくてはなりません。

借金だけでなく、親が誰かの連帯保証人になっていないかということも知っておく必要があります。債務者が返済できず、さらにその連帯保証人である親もなくなってしまった場合、その借金は親の相続人のところに行くことになるからです。しかし、これは個人信用情報でもわからないことが多いので、生前に本人に確認しておかなければなりません。

もし不安でしたら、家庭裁判所で限定承認を認めてもらいましょう。これはプラスの遺産の範囲内でマイナスの遺産を引き継ぐという制度です。ただし、この限定承認は相続放棄に比べて手続きがちょっと面倒です。相続放棄は相続人単独で申し出ることができますが、限定承認は相続人全員で申し出なくてはなりません。弁護士にも相談しなくてはならないのでその費用も発生します。

子供が親の相続放棄をすると、その相続権は親の親(祖父母)に移りますが、いない場合は親の兄弟姉妹に移ります。ですので、後にトラブルにならないよう、相続放棄をするときは、親の兄弟姉妹に相談してからのほうがいいでしょう。

相続放棄は3ヶ月過ぎても認められることも

相続放棄をできるのは自分が相続人であることを知ってから3ヶ月以内と決められています。悪質な金融業者はそこをつき、この期限が過ぎてから借金の取立てをしてくることがあります。このような場合でも、親に借金があることを知らなかったなどの事情があれば、3ヶ月以上経っていても相続放棄が認められることがあります。あきらめずに申し立てをしましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧