借金

債務整理を弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼することが一般的

弁護士

債務整理では、短期・中期で借金を返済できる場合に利用する「特定調停」「任意整理」、借金を帳消しにしてもらう「自己破産」などがあります。
債務整理は個人で行うこともできますが、債務が大きいほど相手業者の抵抗が強くなるので、個人で交渉しようとしてもうまく行かず、納得のいく結果にならないことも多いです。
そのため、自己破産以外選択肢がないような借金はもとより、短期・中期で返済できる借金についても、弁護士に依頼することが一般的です

中期というのは、3年を目安に考えられています。
利息の引き直し計算を行い、残った借金を3年以内に返済できる場合、特定調停か任意整理を行うこととなりますが、弁護士に依頼する場合は任意整理、依頼しない場合は特定調停ということになります。

弁護士費用はどのくらい?

「弁護士に依頼したいけど、弁護士費用がもったいない」と思われる方もいるかもしれません。
確かに、弁護士を雇うと弁護士費用がかかります。
しかし、弁護士費用は1件につき大体2万円となっており、かなり安い金額に抑えられています(事務所によって金額は異なります)。
弁護士に依頼すると、貸金業者からの督促はすべて債務者ではなく弁護士に対して行われるようになりますし、住所等が明らかではないヤミ金についても弁護士の方で対処してくれます。
貸金業者からのクレームを一手に引き受けてもらい、さらに債務者になるべく有利になるような和解案を交渉してくれるのですから、それで1件2万円前後というのは安いですよね。

借入先が複数ある場合は?

借入先が5件も10件もあると、弁護士費用も10万円、20万円になってしまうので大変かもしれませんが、弁護士によっては「すべての借入先を合わせて数万円」というように一括して請け負う場合もありますし、ほとんどの場合、弁護士費用は分割払い可能です
弁護士の方も、債務者にお金がないことは分かっているので、お金に関しては柔軟に対処しています。

和解後も頼りになる

弁護士は、借金を完済するまで債務者を担当するのが普通です。
もしも和解後に事故や病気で計画通り返済できなくなっても、弁護士に相談すれば迅速に対応してもらえます。
また、借金の返済についても弁護士事務所の方に振り込めば、事務所の方から債権者の方に振り込んでもらえます。
個人で債務整理を行うと、借入先に対して個別に振込をしなくてはなりませんが、弁護士に依頼すればその手間が省けるということです(毎月1回、弁護士事務所に振り込みます)。
ただし、銀行の振込手数料も含めて1回につき1,050円の代行手数料がかかります。

費用について問題なければ、弁護士に依頼しない手はないでしょう。
個人で交渉しようとしても、無視されたり騙されたりしてしまう可能性がありますが、弁護士に依頼すると相手業者もきちんと対処してくれるので安心です。
ただし、弁護士も十人十色であり、すべてがすべて信用に値する弁護士であるとは限りません。
弁護士の依頼する時は、弁護士の経歴・実績などを確認し、信用できるかどうか考えることも大切です。

関連URL(外部リンク)

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧