借金

日本信用情報機構(JICC)の信用情報の見方とは?

信用情報記録開示書(ファイルD)とは?

ファイル

日本信用情報機構(以下JICC)は、消費者金融や商工ローン等が中心に加盟している国内最大規模の信用情報機関です。
JICCの信用情報の開示請求を行うと、「信用情報記録開示書(ファイルD)」、「信用情報記録開示書(ファイルM」)、「紹介記録開示書」の3種類が送られてきます。

「ファイルD」は、消費者金融やクレジットカード(キャッシング)等の借入情報に関する記録であり、その中の「債権情報」には債権会社一覧があります。
債権会社毎に、契約日や利用可能枠、出金額、残高等の詳細が書かれており、その一番端には「異参サ内容 異参サ発生日」(異動情報)という項目があります。
異動とは事故情報、いわゆるブラック情報のことです。

異動になるケース

異動になるのは、入金予定日から3ヶ月以上入金がない状態であり、「延滞」として記録されます(3ヶ月というのはあくまで目安です)。
延滞が解消されると、「延滞解消」という記録が1年間登録されます

延滞解消されず、法的手続きによって債権回収が行われた場合や、債務整理を行った場合等は、「発生日から5年を超えない期間」登録されます
債務整理の場合、「発生日」とは和解成立日であることが一般的です。
また、保証会社が「保証履行」又は「保証契約弁済」(債権者への一括返済)を行った場合や、「強制解約」「連帯保証人への弁済」があった場合も、発生日から5年を超えない期間登録されます。
債権会社がJICCを退会した場合や、法的申立ての取下げがあった場合等は、5年を経過する前に情報が削除されることもあります。

信用情報記録開示書(ファイルM)とは

「ファイルM」には、クレジットカード(ショッピング)や携帯電話の分割払い、自動車ローンの分割払いなどのクレジット情報が記録されています。
月毎に情報が更新されており、CICのように24ヶ月分の情報がズラッと表示されるわけではありません。
また、クレジット会社・ローン会社の多くはCICに加盟しており、必ずしもJICCに加盟しているとは限りません。
そのため、JICCに掲載されていないクレジット情報が、CICに掲載されている可能性もあります。
クレジット情報の詳細を知りたい方は、CICも開示請求することをおすすめします。

照会記録開示書とは?

「照会記録開示書」には、本人の信用情報を照会した会社名や照会年月日が記録されています。
キャッシングの審査で返済能力を確認するため(契約照会)、あるいは契約を更新するための途上与信(途上管理照会)で照会することが一般的です。

JICCの信用情報開示請求の注意点

結婚や引っ越しをして住所が変わったという方も多いと思いますが、JICCに信用情報開示請求を行う時は、名前、生年月日、電話番号、住所がすべて一致しないと正確な情報が出てきません。
JICCの信用情報を取り寄せたのに、登録情報が不足していた、何も書かれていなかったという場合は、申請した住所が一致していない可能性があります。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧