借金

銀行が把握できない消費者金融の顧客情報とは?

銀行以外の顧客情報が分からない?

銀行データ

銀行のローンに申込むと、消費者金融で借入があるか訊かれることがあります。
今は消費者金融を利用していなくても、過去に利用していて解約していない場合は、解約することを貸付の条件として提示されることもありますし、解約したことを証明する書類(完済の判子を押された契約書など)を求められることもあります。
消費者金融と契約したままですと、銀行でローンを組んだ後も消費者金融から借りてしまい、返済に困る可能性があるからですが、このようにわざわざ借入状況について尋ねてくるのは、銀行と消費者金融が顧客情報を共有していないためです。

貸金業法が改正されたことで、消費者金融が加盟している信用情報機関(JICC)と、信販会社が加盟している信用情報機関(CIC)の間では、お互いの顧客情報を積極的に交流することとなりましたが(JICCとCICの情報交流ネットワークのことをFINEといいます)、銀行の信用情報機関(KSC)だけは仲間外れの状態です。

銀行は顧客情報が欲しいが…

そもそも銀行は貸金業者ではありませんので、貸金業法の改正とは関係ありませんが、本当は銀行も消費者金融や信販会社の保有している顧客情報は欲しいのです。
そうすれば審査の精度が上がりますし、貸金業者の優良顧客に対して勧誘を行えば簡単に収益を拡大することができます。
貸金業者を利用している方の中には、銀行の審査に十分通る方も多くいますので、貸金業者の顧客情報が分かってしまえば、銀行は勧誘するだけで多くの顧客を獲得できます。
銀行の金利は低いですので、消費者が銀行に乗り換えない理由はありません。

そうなると貸金業者には大きなダメージとなりますし、保有している顧客情報の数も貸金業者の方が多いですから(特に消費者金融の情報量は圧倒的です)、割に合わないということになります。
特に消費者金融からの抵抗が根強いですので、今後法改正などが行われない限りは、銀行と消費者金融の間で顧客情報を簡単に共有することはないでしょう。

異動情報は交流している

しかし、貸金業者の銀行の間で情報交流がまったくない状態ですと、銀行で貸し倒れになった消費者が貸金業者の審査に通ってしまう、あるいはその逆のことが起きてしまう可能性がありますので、リスクの高い消費者についてはJICC、CIC、KSCの三者間で情報交流が行われています。
三者間の情報交流ネットワークのことをCRINといい、異動情報(事故情報)と本人申告情報(書類の紛失盗難など)が交流されています。
異動情報が付いた顧客については、ローンの契約内容や債務の残高など、信用情報の内容がすべて閲覧できる状態になります
異動情報がない場合は、信用情報が共有されることはありません。

銀行が独自の調査網によって、貸金業者を利用している消費者の情報を掴むこともありますが、延滞等を起こしていない限り、基本的には銀行は銀行の情報、貸金業者は貸金業者の情報以外分からないということになります。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧