借金

家を売却せずに借金を整理したい!

個人再生手続きとは?

家

カードローンの多重債務で悩んでいる方の中には、住宅ローンの返済が残っている方も多いと思います。
ある程度返済できる余裕があれば、カードローンを一本化して住宅ローンとともに今まで通り支払っていくという方法もありますが、元金そのものが大きいと一本化しても返済しきれず、いずれ債務整理をすることになります。
住宅ローンを完済していない場合、借金の整理をしようとすると家を売って残りの借金を任意整理で支払うか、自己破産を行って家も借金もすべて失くすという方法がありますが、これでは家を失ってしまいます。

借金を整理したいけど家は失いたくない、住宅ローンはそのまま支払い、残りの借金だけをなんとかしたい。
そう考えている方におすすめなのが、個人再生手続きです。
個人再生手続きは、それまで企業に適用されていた民事再生法を個人に適用したものであり、平成13年に施行されました。
それまでは任意整理や自己破産で家を失った方が大勢いましたが、個人再生手続きを行うことで、家を残したまま借金を返済することが可能になりました

大幅に減額して3年間で返済!

個人再生手続きを行うと、自宅・住宅ローンはそのままで、無担保の借金だけを整理することができます。
しかも、無担保の借金は原則的に3年間で返済可能な金額に減額してもらうことができます。
もしも月5万円返済できる場合は、1年間で60万、3年間で180万円返済できるということですから、もとの借金が1000万円でも2000万円でも、180万円まで減額できる可能性があるということです。
大幅に借金を減らすことができますし、基本的に3年間返済を続ければ借金がなくなるということですから、家計を再建する目途も立ちます。
家を取られる心配もありませんので、精神的なストレスもなくなるでしょう。

連帯保証人も可能

連帯保証人として背負った借金についても、個人再生を申請できます。
もしも主債務者だけが個人再生手続きをして大幅に借金を減らしたとしても、残りの借金の請求は連帯保証人に行ってしまいます。
債務整理を行えば連帯保証人に請求が行かないと勘違いしている方もおりますが、勝手に申請しても連帯保証人が後始末に追われるだけですので、債務整理をする時は必ず連帯保証人に相談しましょう。

連帯保証人に家がある時は、主債務者と同様に個人再生を申請してもよいですし、アパート住まいで持ち家がないという場合や、家を失ってもよいという場合は、連帯保証人は自己破産をするというのもありでしょう。
借金の処理は同時に行った方がよいですので、同じ弁護士・司法書士に依頼することをおすすめします。

安定した収入があることが前提

ただし、個人再生は誰でも有効というわけではありません。
住宅ローンの支払いもできない状態ですと、個人再生をしても家を売却することになるので意味がありません。
ですので、住宅ローンの支払いに加えて毎月一定ずつ借金の返済ができること、安定した収入があることが条件となります。

また、自宅や土地に住宅ローン以外の後順位抵当権が付いている場合も無意味です。
消費者金融などが2番抵当に入っていれば、個人再生手続きをしても競売をかけられてしまいます。
どのみち家を失うのであれば、借金が帳消しになる分自己破産の方がよいと言えます。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧