借金

債務者だけじゃなく保証人も返済できない場合は?

保証人とは?

お金と3人

債務者が債権者に返済できなくなった時に、代わりに返済の義務を負う人のことを「保証人」と言います。
借金では担保というものがあり、借金を返済できないと担保にした土地や財産を差し押さえられてしまいますが、その担保を人にしたもの(人的担保)が保証人です。
しかし、土地や財産と違って人ですから、必ずしも返済できるとは限りません。
契約の際は、債務者だけじゃなく保証人の返済能力もチェックされますが、時間が経過すれば経済状況は変わりますし、債務者が滞納して利息を膨らませてしまうなど、借金を大きくしてしまうこともあります。
債務者か返済できない場合、保証人が債権者から一括返済を求められることとなりますが、保証人にお金があるとは限りません。
その場合、保証人はどうすればよいのでしょうか?

抗弁権を使用する

債務者が滞納しているからといって、保証人がすぐに弁済しなければならないというわけではありません。
保証人は債権者に対して「まずは債務者に借金を請求してください」と言うことができます。
債務者は滞納しているだけでお金を持っているかもれしませんし、現金がなくても強制執行により、取立できる財産があるかもしれません。
ですので、まずは債務者に徹底的に請求し、取立を行い、それでも完済できない時に保証人に対して請求するよう言います。
債務者に請求するよう主張することを「催告の抗弁権」と言い、強制執行を主張することを「検索の抗弁権」と言います

家族が保証人になっている場合、貸金業者から「家族だから支払うのは当然でしょう!」と言われることもありますが、あくまで「保証人だから」返済義務を負うのであって「家族だから」ではありません。
家族であろうとなかろうと、保証人の権利・義務は変わりません。
息子が借金を背負っている場合は「息子に請求してください」と言い返すことができます。

連帯保証人の場合

ただし、連帯保証人の場合は「催告の抗弁権」も「検索の抗弁権」もありません。
債務者に財産があったとしても、連帯保証人に支払いを求められたら支払う義務があります。
また、保証人が複数いる場合はその人数で借金を割ることができますが、連帯保証人の場合は複数いても全員が全員、債務者同様に全額返済の義務を負います。
もちろん本来の借金を返済できたら、それ以上支払う必要はありません。

それでも返済できない場合は?

抗弁権を使用しても債務者が借金を返済できない場合、保証人が支払うこととなります。
しかし、保証人もお金がなくて返済できない場合があります。
その時は、保証人も債務整理を行います
債務整理を行えば、一括返済ではなく分割返済にできますし、利息をカットできる可能性があります(任意整理)。
利息カットでも到底返済できない場合は、個人再生か自己破産を行います。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧