借金

借金を返済できない時は時効を待つという方法も!

借金は5年で時効になる

トンネル男性自信

貸金業者からお金を借りて返済しない場合、携帯電話や自宅に電話がかかってきたり、訪問されたりします。
訪問されると言っても、玄関前で大声を出されたり、勝手に財産を持っていかれたりすることはありません。
もちろん暴力行為もありませんので、「断ったら痛い目を見るのではないか?」などと過度に恐れる心配はありません。
ヤミ金の場合は別ですが、正規の貸金業者の話であれば、自分から法律違反を犯すようなことはせず、返済についてどう考えているのか訊かれるだけでしょう。
ですので、借金の取立を恐れて夜逃げする必要はありません。

借金には時効がありますので、どうしても返済できない場合は、時効が過ぎるのを待つという方法もあります。
個人からお金を借りた場合、借金の時効は10年ですが、貸金業者からお金を借りた場合は、わずか5年で時効になります

夜逃げはしない方がよい

しかも、5年間毎日取立されるわけではありません。
電話回収は1日に何度も行ってはいけないとされており、基本的には1日3回までです。
本人と連絡が取れないケースなどを除いては、職場に電話がかかってくることもありません。
職場に電話されても、プライバシーの問題がありますので、基本的に借金については触れられません。

訪問回収はコストがかかりますので、最初の数ヶ月と忘れた頃に行われるくらいです。
また、夜間・早朝に取立することも禁止されていますので、夜中に電話がかかってきて睡眠妨害されることもありません。
取立といってもこの程度ですので、夜逃げするくらいなら時効を待った方がよいでしょう。
貸金業界には、夜逃げした人を追跡する専門業者がおりますし、夜逃げから半年くらい経過すると近所の人が喋ったり、時効間際になると油断して家に戻ってきたりするので、時効前に捕まるケースが多いと言います。

時効前に捕まっても、それで時効のカウントが止まるわけではありません。
しかし、借金について訊かれた時に支払う意思があると答えたり、借金の一部を支払ったりすると、時効のカウントがリセットされます。
それは、夜逃げしなくても同様です。

時効はリセットされる?

時効の起算日は、最後に返済した日から見て次の返済予定日の翌日(一度の返済しなかった場合は最初の返済予定日の翌日)ですが、次回の返済日の約束をした場合は、その約束日の翌日が新たな時効の起算日となり、一部返済した場合は、その翌日が起算日となります。
返済の約束をしなくても、借金が存在することを認めたり、返済する意思表示をした場合、債権者がその行為を証明できれば、その行為をした翌日が起算日となります。

ですので、借金について訊かれた時は下手なことを言わない方がよいでしょう
担当者と直接会ってしまった時も、できれば無言でやり過ごし、何か言わなくてはいけない時は「すみません」とだけ言って、相手が諦めるのを待つ方がよいでしょう。
そのような行為に耐えられないという方は、債務整理することをおすすめします。

時効の援用を忘れない!

注意しなければならないのは、起算日から5年経過していても「時効の援用」を行わずに上記の行為を行った場合は、時効がリセットされてしまうということです。
時効の援用とは、債務者が債権者に対して「借金が時効となったので支払う義務はありません」と主張することであり、債務者に支払う意思がないことを明確に伝えて、初めて時効が成立します。
時効の援用をする際は、形に残るよう文書にしたためて内容証明郵便で送ります。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧