借金

ヤミ金からお金を取り戻したい!被害回復分配金とは?

ヤミ金は返還請求に応じる?

通帳悩む女性

ヤミ金の高利に圧迫され、生活が破綻してしまう方は多いです。
それでも「借金は返さなくてはならない」とがんばって返済している方も多いと思いますが、ヤミ金は違法業者ですので、その契約も違法であり、返済する義務もありません。
普通の貸金業者相手であれば「借金は返さなくてはならない」という言葉は正しいですが、違法業者の利益のために自身の生活を台無しにする必要はありません。
ですので、残りの借金は元金も含めて返済する必要はありませんし、今まで払った借金も返還請求することができます。

しかし、相手は違法業者ですから、そう簡単に応じることはありません。
残りの借金の返済については、弁護士を通して取立を止めさせることも可能ですが(その場合もなかなか引き下がらない場合があります)、借金の返還請求については、そもそも相手業者の所在を掴むことができないため、どこに請求してよいのか分からないというケースが多いです。
業者の方も自分の正体が知られないだろうと思っているので、わざわざ返還請求に応じることもありません。
事務所の場所などを教えてしまうと警察に通報される可能性がありますから、ヤミ金が正しい住所を教えることはありません。
携帯電話も振込口座も他人名義になっており、ヤミ金と名義人に繋がりがないため、なかなか足取りを追うことはできません。

現行犯逮捕は可能?

自宅や職場まで取立に来る業者もおりますが、取立の際に警察を呼んで現行犯逮捕してもらうには、相手が違法業者であることを示す必要があります。
違法金利で取引していることを証明できれば良いですが、ヤミ金は契約書を作成しませんから、事前に恐喝などを録音しておかないと、その場で逮捕というわけにはいきません。
債務者に対して暴力を振るう、大人数で押しかける、会社に乗り込むなど、違法な取立行為を行えば現行犯逮捕できますが、よほどの素人でない限り自分から逮捕されるような行為はしません。

被害回復分配金とは?

もしもヤミ金が逮捕された場合は、「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」(通称「振り込め詐欺救済法」)の被害回復分配金としてお金を取り戻せる可能性もあります。
この法律は、犯罪に使われた預金口座を凍結して被害者に分配する制度であり、一定の手続きを行えば分配金の受け取りに参加できます。
ただし、ヤミ金は複数の口座を使用してリスクを分散させているため、預金口座を凍結してもあまりお金が戻ってこない場合もあります。

いずれにしても、ヤミ金が逮捕される時のことも考えて、なるべく証拠を残しておくことが大切です。
被害分配金の手続きにも、被害を示す事実や被害額などを申請する必要があります。
もちろん警察へ被害届を提出することも大切ですし、裁判所への訴訟提起も考える必要があります。
ヤミ金の被害に遭われた方は、まずは弁護士に相談してみましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧