借金

消費者金融の問題点とは?

消費者金融の問題点は、一言でいうと金利が高いことです。

電卓とお金

消費者金融の上限金利は年利20%であり、10万円以上借入する場合は18%、100万円以上借入する場合は15%が上限となります。
100万円を年利15%で借り、月35,000円ずつ返済した場合、返済総額は約125万円、返済期間は3年間になります(元利均等方式)。
毎月の返済額を多くすれば、より短期間で返済することも可能ですが、お金に困っている方が毎月35,000円ずつ支払い続けるのも大変なことです。
消費者金融を利用するということは、その時点でお金に余裕がないということですので、追加返済どころか最低返済額さえも払えず、延滞してしまう方も多いです。
利用者側の問題点を上げるとすれば、お金がないのに高金利で借りるというのが第一の問題点です。

収支の見直しは大丈夫?

所得が高くてすぐに返済できるという方であれば、高金利でもさほど問題ないように思われます。
しかし、所得が高いと生活レベルもそれなりに高くなりますから、住宅ローンや養育費などの支出が大きくなります。
お金を借りるということは、その時点で収入を支出が上回っているということですから、生活レベルの質を落とす、節約するなど、危機感を持って収支のバランスを見直す必要があります。

そのことに気付かず「お金が足りなくなったら借りればいいや」などと思っていれば、ますます支出が収入を圧迫するようになり、借金の利息も膨らみます。
そうなれば、どんなに収入の多い方でもいずれ返済に行き詰ります。
お金がなくなれば、資金の運用方法が適切かどうかイヤでも考えなくてはなりません。
しかし、安易に借金を繰り返すことで、自分の状況と真面目に向き合う時期が遅くなります。
これが第二の問題点です。

返済計画は必ず立てよう

第三の問題点は、返済計画を立てずにお金を借りる人がいるということです。
お金がないのに高金利で借りる、収支のバランスについて考えないという第一・第二の問題とも共通していますが、ようするにお金に対する意識が希薄なので、「返済計画を立てなくても大丈夫だろう」と考えてしまうのです。
消費者金融の問題点というのは、最初に述べたように金利が高いことです。
ですので、綿密な返済計画を立てないとやがて返済に行き詰ってしまい、借金を整理することとなります。

債務整理をしても借金は残る

貸金業法によって過剰貸付が禁止されているため、消費者金融は個人に対して年収の3分の1までしか貸付できませんが、収入や借入状況を偽って申告し、年収の3分の1以上借りてしまっている方も多いです。
その結果、返済に何十年もかかりそうな借金を抱えてしまい、自己破産を申請する方もおりますが、ギャンブルやショッピング、海外旅行のための借金などは浪費として扱われるので、裁判所によって免責を却下される場合もあります。

その場合、債務整理をしても何十年と返済していかなければなりませんし、本人が死亡しても借金は家族に引き継がれます(相続放棄すれば借金もなくなりますが、土地や建物などの財産も相続できなくなります)。
どうしても借金をしなくてはならない時には、上記の3点を振り返り、無理のない返済計画を立てましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧