借金

自己破産したら手持ちの現金・預金はどうなるの?

差押えされない現金・預金の金額とは?

安全な資金

自己破産すると、自分の財産が差押えられてしまいます。
自己破産したら家にある現金、銀行の預貯金、これから振り込まれるお金についても、差押えされてしまうのでしょうか。
結論から言うと、一定の財産については、差押えの対象外となります。
まず、手持ちの現金(原則99万円まで)については、処分されません。

預金については、法的には預託金返還請求権(預貯金払戻請求権)という、消費寄託契約に基づく債権であり、現金には含まれません。
預託金返還請求権とは、銀行に対して預金として預けているお金を返済するように求める権利です。
しかし、預託金返還請求権は差押禁止債権には当たらず、破産財団に含まれます。
そのため、自己破産すると預金は、原則的に没収されてしまいます。

ただし、20万円以下の預金については自由財産として扱われるので、手持ちの現金60万金、預金20万円という場合は、そのまま合計80万円が自由財産となります。

預金が20万円以上ある場合は?

自己破産で預金が20万円以上ある場合、原則的に預金は没収されてしまいます。
では、破産申立てをする前に預金を引き出して現金にすれば、没収されずに済むのでしょうか。
たとえば、現金がほとんどない状態で預金が99万円という場合、預金を全額引き出して現金化すれば、そのすべてが自由財産として認められるのでしょうか。

結論から言うと、裁判所や破産人の状況によって認められるかどうか異なります。
裁判所によっては、破産前の現金化を認めている場合もありますが、基本的には歓迎されません。
裁判所は、破産人の預金口座の入出金履歴を確認することができるので、破産直前に現金化すると資産隠しと見なされてしまう場合もあります。
また、現金化してももともと預金だったので、「実質的に預金である」と見做されて、預金として処理される場合もあります。

しかし、破産人の経済的再生のために必要なお金であれば、現金化しても自由財産として認められる場合もあります。
それは預金20万円以上であっても同様です。

生活資金であればok

また、生活上必要なお金であれば、破産直前に預金を引き出しても問題ありません。
破産申立てを行うと、お金を借りている銀行から預金を引き出せなくなりますので、手持ちの現金がほとんとなくて預金がないと困るという場合は、他の口座に資金を移すか、現金化しておくことをおすすめします。
保証会社が代位弁済した後は口座は復旧しますが、復旧まで数ヶ月かかる場合もあります。
もしも給料の振込先や、光熱費の支払いなどを口座引き落としにしている場合は、口座の変更手続きも忘れないようにしましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧