借金

一本化よりも債務整理?ブラックになるメリット!

借金を繰り返してしまう人もいる

我慢

多重債務の場合、おまとめローンや借り換えローンなどで借金を一本化すると、簡単に完済実績が付きます。
そのため、完済した消費者金融などから「また借りてください」と勧誘を受けることもありますが、借金を一本化しても借金が減ったわけではありませんから、勧誘に乗ってお金を借りてはいけません。
しかし、借金をする癖がついていると「ちょっとくらい借りてもいいか」と思ってしまい、ずるずるお金を借りているうちに元の多重債務状態に戻ってしまう方が多いです。
しかも、一本化する前よりも借金が増えているわけですから、支払いに耐えることができず、債務整理というケースが多いです。
完済実績が付くのは良いことですが、借りやすい状態になってしまうので、自分の借金をコントロールできない人にとってはあまり良い状況とは言えません。

ブラックで自分を抑制できる

一方、債務整理になってしまえば、ブラック情報になり、ほとんどすべての業者から融資お断り状態になりますので、これ以上借金をしたくない方、借金体質を変えたい方にとっては、むしろ信用情報が真っ黒になってしまった方がよいかもしれません。
強制的に元の生活に戻すための断舎利のようなものです。
実際、債務整理した方のお話を聞くと「借金できない状態になって良かった」という声が聞かれます。
ブラックになると「信用を失った!」と思い、一時的にガッカリする方も多いですが、お金の使い方に失敗しただけですから、自分の人格や人生そのものを否定する必要はありません。
借金で自殺してしまう方には、借金そのものではなく、信用を失うことに耐えられず自殺してしまう方が多いといいます。
「なぜ返済できない借金をしてしまったのか」と反省することは大切ですが、いたずらに自尊心を傷つけることはおすすめできません。

大事なのは反省と勉強

借金について反省することは大切です。
債務整理をして、せっかくお金を借りられない状態になったのに、ヤミ金を利用してしまう方もおります。
ヤミ金は高利ですから大抵の場合返済に行き詰って弁護士に相談することになります。
消費者金融から借りられないのでやむにやまれずヤミ金を利用したという方もいると思いますが、返済できない借金をしてしまうのは、利用者側にも問題があると言えます。
無計画なお金の使い方をしていると、いつまで経ってもお金の問題で躓き続けることになります。

お金の使い方は学校で習うことはありませんから、自分で学ぶ必要があります。
お金の管理を他人任せにしている方は自分で管理し、支出も1つ1つ計算してみましょう。
衝動買いが多いという方は、値段や必要性を吟味して購入する習慣を付けること、毎日の行動を見直して無駄遣いをなくしていくことが大切です。
ただし、ケチになりすぎて非効率な買い物をするのもよくありません。
安いことを重視しすぎて、安物買いの銭失いになってしまうことも多いです。
買い物をする時は、必要性、値段、クオリティのすべてを考慮する必要があり、意外と頭を使うのです。
一度身に付いてしまった借金癖を改善するには、勉強することが大切です。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧