稼ぐ

YouTubeで広告収入をゲット!

誰でもYouTubeでお金を稼げる!

カメラ

 YouTubeは自分がアップロードした動画に広告を入れることで収入を得られる「パートナープログラム」というものを提供しています。スタート当初は審査制で限られた人しか利用することができませんでしたが、2012年4月からはコミュニティガイドラインを遵守すれば誰でも参加できるようになりました。

収入の額は動画再生回数もしくは広告クリック数×広告単価で決まります。動画再生回数で計算される場合、1再生数あたりの収益は0.1~0.2円くらいです。表示される広告はその人の興味ありそうなものが自動的に選択されます。ブラウザの言語設定によっても広告は変わります。

世界にはYouTubeで年収1000万円以上を稼いでいるYouTuberがゴロゴロいます。日本でいちばん有名なYouTuberのヒカキンさんは年間1億円以上稼いでいると言われています。これに続けとばかりにYouTubeチャンネルの乱立は続いていますが、そこで避けて通ることのできないのは著作権の問題。YouTubeでお金を稼ごうとするならば著作権についてしっかりとした認識をもっていなければなりません。

どんな動画が著作権侵害になる?

YouTubeはアップロードされた動画に対して著作権侵害の申告があった場合、その動画に対して調査を行います。著作権侵害が認められるとその動画は削除されます。そしてその動画をアップロードしたチャンネルにはペナルティーがひとつ追加され、これが3つ累積するとそのチャンネルは凍結されます。ただし、半年間ペナルティを受けずにいると、それまでのペナルティーは帳消しになります。運転免許証のポイント制に似ていますね。

それでは著作権侵害になる動画はいったいどんなものなのか? 日本の著作権法では、「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの」が著作物とされています。YouTube上には一般の人がアップロードした映画や音楽の動画が数多くありますが、日本の著作権法においてはこれらは著作権侵害になるというわけです。

それでは、テレビのバラエティー番組はどうか? 事実の報道は著作物にはあたりませんが、バラエティー番組が事実の報道なのかという部分で解釈が分かれています。しかし、YouTube側としてはそれについて論争するのも無駄なので、テレビ局側から著作権侵害の申し立てがあった場合、その内容に関わらず、その動画を削除しているようです。ニュース番組などは事実の報道なので著作物にはあたらないはずなのですが、それさえもテレビ局側からテレビ局側から著作権侵害の申し立てをされることもあります。

安全に稼ぐにはオリジナル動画がいちばん

テレビ動画をアップロードすれば再生回数はそれなりに稼ぐことができますが、著作権侵害のリスクを考えれば、あまりおすすめすることはできません。リスクを避けて安全にお金を稼ぐには、自分のオリジナル動画を制作するのがいちばんです。

それでは、どんなオリジナル動画ならば再生回数を稼げるのか。ヒカキンさんなど人気YouTuberの動画を見ればわかるとおり、やはり顔出しをしている人が強いようです。もちろんただ顔出しをすればいいというわけではなく、動画の内容とその人のキャラクター(人々から愛されるキャラかどうか)も非常に重要な要素になってきます。動画の編集は慣れてしまえばそれほど難しくありません。

YouTubeだけで生活をしていくのは簡単なことではありませんが、自分のセンスとキャラクターに自信のある人はトライしてみる価値はあります。最近はお笑い芸人がYouTuberとして動画をアップロードすることも増えているようです。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧