稼ぐ

人気のライター業で稼ぐには?ライターの種類と特徴

ライターにも色々な種類がある

えんぴつ

一言でライターといっても、働き方やジャンルによって専門性が変わってきます。
まず、大きく分けてルポライター(ジャーナリスト)、コピーライター、WEBライターがあります。

ルポライターとは?

ルポライターとは、現地取材で得られた情報を中心に記事を書く人です。
出版社に所属していることもあれば、自分で企画したものを出版社に持ち込み、記事を売り込むこともあります。
ルポライターがノンフィクション作家であるのに対し、ジャーナリストは取材内容に加えて自身の見解や批判、判断などを示し、それによってメディアの代弁を行うことがあります(専門家として紹介されることもあります)。
特に資格はなく、自分で好きな方を名乗ることができます。

コピーライターとは?

コピーライターは、クライアントに雇われて商品の広告を作ります。
広告にはボディコピー(本文)とキャッチコピーがありますが、どちらも行います。
商品の魅力を最大限引き出すために取材を行うこともありますし、クライアントのOKが出るまで何度も書き直す場合もあります。
広告代理店で仕事をすることもありますが、個人でコピーライターを請け負うこともできます。
ビジネスパートナーとして信頼されれば、次の商品も続けて依頼されたり、口コミで他の企業に紹介されたりして、仕事量が増えていきます。

WEBライターとは?

WEBライターとは、サイトやブログ、メルマガなど、WEB媒体で発信される文章を書く人です。
一般的に、プロに依頼するほどクオリティの高い記事は要求されておらず、単価が低い代わりに未経験者でも参入しやすいというメリットがあります。
初めてライターとして活動する方、副業として取り組みたいという方に向いています。
ある程度慣れてきたら、単価の高い依頼にも挑戦してみましょう。

自分に向いたジャンルを探す

ライターが書く記事には、様々なジャンルがあります。
たとえば、美容、健康、旅行、食事、医療、金融、仕事(転職)などがあります。
WEBライターですと、単価の低い仕事については広く浅い知識でもOKですので、初めはジャンルを問わず幅広い仕事を受けると思います。
しかし、自分はどんなジャンルに向いているのか、方向性が決まってきたら、そのジャンルに特化した記事を書いた方がよいでしょう。
専門的な知識を深めることで、単価の高い仕事にも挑戦することができます。

たとえば、工業製品の知識が豊富であれば、テクニカルライターという仕事が選べます。
テクニカルライターとは、工業製品の取扱説明書を作るライターであり、商品の仕組みや使い方を分かりやすくユーザーに説明します。
家電やパソコンの知識がある程度ないと出来ませんが、逆に豊富な知識があれば、小説家のような主観的な文章力がなくても仕事を請け負うことができます。
特定ジャンルに特化することでチャンスが生まれるのです。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ