稼ぐ

旅をしながらお金を稼ぐ方法

アイディアとやる気次第で稼げます

台湾の街
旅をしながらでもお金を稼ぐ方法はいくらでもあります。大切なのは本人のアイディアとやる気です。お金を稼ぎながらの旅生活をずっと続けている人もいます。



ネットで稼ぐ

ネットで稼ぐ技能をもっているならパソコンとWi-Fiの繋がる環境さえあれば世界中どこに行っても稼ぐことはできます。たとえば株やFXなどです。これらギャンブルみたいなものと考える人もいるかもしれませんが、やり方次第では堅実に稼ぐことができます。他には旅のブログを書いてそのアフィリエイトで稼ぐという方法もありますが、かなりの人気ブログにする必要があります。

特技で稼ぐ

フリーのライター、デザイナー、カメラマンなども世界中どこにいてもお金を稼ぎやすいです。特に良いのは旅行ライターです。旅をすること自体が仕事になります。ただし、それで食べていくためには日本でしっかりとコネ作りをしておく必要があります。

日本語を教えながら旅をする

アジア圏、特に台湾やタイなどには日本語を学びたいという人は数多くいます。その人たちに日本語を教えることでお金を稼ぐことができます。生徒はネットのサイトなどを通して探すことができます。ただし、日本語は日本人であれば誰でも教えられるというようなものではありませんので、外国人への日本語の教え方をある程度身に着けておかなければなりません。

リゾートで働きながら旅をする

沖縄など日本国内リゾート地ではホテル、レストラン、アクティビティ関係などで短期スタッフを募集していることが多くあります。これを海外でやるという手もありますが、問題となるのはワークパーミット(労働許可証)の問題。ホテルやレストランなどの短期スタッフの仕事ではほとんど場合、ワークパーミットは下りません。ワークパーミットなしで働いているのがバレると、罰金もしくは賄賂だけで済むこともありますが、強制送還され、その国にしばらく入国できなくなるなどの措置がとられることもあります。

ワーキングホリデイをしながら旅をする

ワーキングホリデイならばホテルやレストランの短期スタッフとして合法的に働くことができます。ワーキングホリデイを行っている国はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、フランス、アイルランド、シンガポールなどがあります。ひとつの国に長く滞在したい方にとっては特におすすめです。

ストリートミュージシャンや大道芸をしながら旅をする

海外ではストリートミュージシャンとして生計を立てている人もいます。大道芸人でしたら日本でもそれで生計を立てている人はいます。なにか楽器を演奏できたり、大道芸をできる人ならそれを路上で披露してチップを稼いで海外を旅することも可能です。楽器の演奏でしたらギターなど世界中どこにでもあるような楽器よりも三味線などの楽器のほうが外国人には受けがいいでしょう。

映画やドラマに出演しながら旅をする

インドの首都ムンバイはボリウッド(インドの映画業界)の中心地です。この街にはスカウトの人がよくおり、通りを歩いていると声をかけられることもあるのだとか。それで映画に出演してそのギャラで旅を続けている人もいるようです。自分のスター性に自信のある人は試してみてもいいかもしれません。この方法が使えるのはムンバイだけですが、そこからに日本に逆輸入して日本の映画にも出演なんてことも不可能ではないかもしれませんね。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る