稼ぐ

動物好きの方におすすめの副業ペットシッター

副業としてだけでなく本業としても

2匹の犬
 動物好きの方におすすめの副業がペットシッターです。飼い主が留守にする間に家を訪問してペットの食事や散歩などの世話をする仕事です。ペットホテルにペットを預けるのよりもストレスのないように生活させてあげるのがポイントです。留守の間にかかりきりで世話をするのではなく、散歩だけを依頼されることもあります。

フランチャイズ業者に加入

少し前まではペットシッターの仕事はビジネスというよりも趣味の延長という感が強くありました。が、最近はフランチャイズビジネスとして大きく様変わりしつつあり、サラリーマンや主婦の副業としてだけでなく、夫婦や家族の本業として行う人も増え始めてきています。

ペットシッターの仕事を始めるには信頼のおけるフランチャイズ業者に加入するのがいちばんです。業者によってはペットシッタースクールを開設しており、ペットシッターとして必要なスキルをすべて学ぶことができます。大手保険会社の「ペットシッター保険」にも加入でき、万が一の事故が起きたときもすべて保険でカバーできるので安心して仕事ができます。

ペットシッターの利用料金はペットの種類や大きさなどによって異なります。中型犬の場合ですと、1時間あたりの相場は3000~4000円。これに出張料金がかかります。ペットシッターの儲けはここからかかった実費を引いた金額になります。一日数匹のペットの面倒を見ればかなりの高収入になります。利用者のほとんどがリピーターになってくれます。特に問題がなければ利用者から感謝されることも多いのでやりがいもあります。

日本ではペットを飼う人が増えていますが、単身者や高齢者の増加でペットの世話ができない人が増えており、ペットシッターの需要は今後さらに増えていくであろうと予想されています。まずは会社勤めをしながら副業として行い、将来的には本業として脱サラすることも夢ではありません。

ペットシッターの仕事の流れ

ペットシッターの具体的な仕事の流れはペットの種類や依頼内容などによって異なりますが、ここでは室内犬を世話するときの仕事の流れを例として紹介します。

まずは雇い主といっしょに散歩、室内トレイのシート交換、ドッグフードを与えるなどしてその家でのやり方を覚えます。このときに世話する犬の性格(臆病・甘えん坊など)と健康状態(消化不良になりやすい・視力が弱いなど)も把握します。

散歩中は交通事故に遭ったり、リードを離れて迷子になってしまったり、他の犬とケンカしてケガしたりケガさせてしまったりというトラブルは絶対に防がなくてはなりません。そのためには散歩の前に首輪やハーネスなどの装具をしっかり点検することが大切です。

ドッグフードは雇い主から指定されたものを与えます。一日の仕事が終わったら、散歩中や食事中の様子などを報告書に書いて雇い主に提出し、鍵の返却をします。サービス内容によっては、シッター中の様子を写真に撮ってメールで送ることもあります。

ペットシッターの仕事をするうえでいちばん大切なのは動物が好きであるということ。その気持ちさえあれば細かい技術的なものはあとからいくらでもついてきます。副業のアルバイトとして行う場合、相手は生き物なので仕事を頼まれた日に「やっぱりできない」という事態は避けなくてはならないので、確実に空いている曜日と時間を伝えておく必要があります。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧