稼ぐ

インターネットでお金を稼ぐには?【課金制ブログ】

アフィリエイトよりもお得?

ブログ

ブログでお金を稼ぐ方法といえば、アフィリエイトが有名です。
しかし、アフィリエイトの広告収入では、ほとんど稼げないという方が多いです。
たとえば、Amazonアソシエイトでは商品カテゴリーに応じて0~10%の紹介料が設定されています。
書籍で3%の紹介料を得る場合、1,000円の書籍を1冊販売すると30円の利益が得られることとなります。
1万円を稼ぐためには、33,000円(330冊)、10万円を稼ぐためには、330,000円(3,300冊)を販売しなくてはなりません。
単価の高いASP経由の広告であれば、より効率的にお金を稼ぐこともできますが、いずれにしても集客率の高いコンテンツを用意しなくてはなりません。

しかし、せっかく作成した良質なコンテンツを、アフィリエイトのためとはいえ、無料で提供するのはもったいないと感じる人も多いでしょう。
記事自体に価値がある場合、記事を有料で配信して、そこから収益を得ることも可能です。
閲覧が有料になるブログのことを「課金制ブログ」と言います。

課金制ブログとは?

プロバイダーの中には、無料ブログと同じように課金制ブログを取り扱っているサーバーもありますので、初心者でもすぐに課金制ブログを作ることができます。
たとえば、FC2では「FC2ブロマガ」というサービスがあり、管理画面上で有料設定するだけで特定の記事だけ有料にすることができます。
無料記事と有料記事を併設することができるので、無料記事で読者を惹きつけ、続きは有料でというように、自然と有料記事へ導くことができます。
ただし、売上金額の30%は手数料として取られます。

その他にも、FC2ブロマガと基本的なシステムは同じであり、手数料が30%かかる「Vector maglog」(株式会社ベクター)や、初回手数料と本人確認が必要になりますが、手数料が20%と割安の「ブログチャージ」(くるくる天街株式会社)、審査の上で課金制ブログを開設できる「レジまぐ」(メディアインデックス株式会社)などがあります。

どんなブログを書けばいいの?

課金制ブログの内容は、政治経済から日記、ギャンブルまで実に多様です。
小説であれば、自作の推理小説を無料でアップし、謎解きの部分だけ有料で売るという方法も可能です。
携帯小説を課金制ブログで行っている方も多いですね。
文章だけじゃなく、動画や画像、イラストなどを売るのもありでしょう。
課金制ブログは、継続的に情報を提供することができるので、価値ある情報を発信していれば、自然と読者が増えるようになります。
もちろん興味を持つ人が多いテーマでブログを作成した方が、読者は多くなるでしょう。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ