稼ぐ

少ない資金で始められる駐車場経営

利用予定のない土地を有効活用

駐車場
 駐車場経営は、ただ固定資産税を払っているだけで利用予定のない土地の有効活用策として用いられることが多いです。必要な面積は乗用車1台当たり7坪(約23㎡)。2~3台の枠で経営するだけでもそれなりの収入になります。運営方法は「自己経営」と「運営委託」の2つがあります。

自己経営

土地のオーナーが自己資金で設置から運営まで行います。うまく運営できれば高い収益をあげることができます。が、土地の整地・舗装、機械の設置、収支計画、料金回収、防犯対策、トラブル対応などすべて自分で行わなければならないので、経験のない方にはあまり向いていません。

運営委託

駐車場の運営を専門に行っている会社に運営を委託します。会社に土地を貸して毎月その賃料を受け取るというイメージです。自己経営に比べると収益は下がりますが、自分で資金を用意する必要がなく、運営もすべて会社が行ってくれるので経験のない方でも安心です。

駐車場にはいろいろなタイプがあります

駐車場には平面駐車場と立体駐車場の2タイプがあります。土地の広さや周辺環境などを考慮し、どちらにするか検討しなくてはなりません。

平面駐車場

平地に駐車枠を引いただけの駐車場です。機械設置などの初期コストや維持管理コストを安く抑えることができます。収容台数は面積によって決まります。

立体駐車場

車を昇降装置に乗せて駐車スペースに止める「機械式立体駐車場」と建物の中を車が自走して駐車スペースに止める「自走式立体駐車場」の2タイプがあります。建物の階数を増やせば収容台数も増やすことができますが、投資額もそれだけ大きくなるので事業として本格的に取り組まなくてはなりません。

駐車場の賃貸方式は月極、時間貸し、日貸しの3タイプあります。

月極駐車場

1ヶ月ごとの賃料を受け取ります。ほとんどのオーナーは不動産会社に手数料を払って借り手との契約を仲介してもらっています。駐車枠がほとんど埋まれば安定した収入が入ってきますが、最近は借り手を確保するのがやや難しくなってきています。

時間貸し駐車場

コインパーキングです。30分100円など時間単位の料金を設定しておき、その時間が経過するたびに料金が加算されていきます。月極駐車場の空き枠のみを時間貸し駐車場にするということも可能です。

日貸し駐車場

1日いくらの料金を設定します。駐車場の少ない住宅街やオフィス街、商業施設の周辺など滞在時間の長くなるエリアでよく見られるタイプです。平日は時間貸し駐車場にし、土日のみ日貸し駐車場にするということも可能です。

駐車場経営は立地が大切

駐車場経営をはじめるにあたってまずいちばんのポイントになるのは立地です。周辺に競争相手になる賃貸駐車場はあるか、その駐車場の稼働率はどのくらいか、幹線道路から近いか、住宅街か……などです。住宅街であれば周辺の駐車場が常に空きがないような状況であればかなり有望です。周辺状況を調べて綿密に経営計画を練る必要があります。

同じ賃貸経営ならアパートもありますが、駐車場がアパートよりも優れている点はその身軽さです。駐車場は運営委託にすれば資本金はほとんどいりませんし、自己経営で始めるにしても機材や設備などの初期投資の額はアパートよりも圧倒的に少なくて済みます。

アパート経営の場合、土地の他に3000万~4000万円くらいの資金が必要になります。ほとんどの人が銀行から借り入れることになりますが、3000万円を借り入れて30年間で返済する場合、元本と金利を合わせて5000万円以上を返済することになります。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る