稼ぐ

NAVERまとめを書くとお金がもらえる!

実益を兼ねた趣味としておすすめ

パソコンNAVERまとめというのは韓国のIT企業であるネイバーの日本法人LINE株式会社が運営するキュレーションサービスです。さまざまな情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、ひとつのページにまとめてインターネット上に公開することができます。インターネットを使っている人なら誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

3日1記事くらいのペースで記事を作成すれば毎日2,000円くらいの収入にはなるようです。大金を稼ぐことはできませんが、文章を書くのが好きな方が実益を兼ねた趣味としてやるにはおすすめです。

初心者でも簡単にできます

記事を作るにはまずテーマを決めます。そしてそのテーマに合った「アイテム」を並べていくことで記事を構成していきます。「アイテム」というのはNAVERまとめで使われる独自のシステムで、この中に文章、画像、動画、リンクなどを入れることができます。アイテムはひとつの記事の中に複数入れることができます。

NAVERまとめの大きなメリットは初心者でも簡単に始められるということ。ブログよりも簡単で、ウェブサイトのようにHTML言語を覚える必要もありません。また、ひとつひとつの記事が独立しているので、さまざまなジャンルをまたいで自由に記事を作成することができます。

NAVERまとめ記事を作成してお金を受け取るまでの手順は以下のとおりです。

1 まとめ記事を作成し、アクセス数に応じて見込みポイントを獲得します。

2 見込みポイントが確定ポイントに調整されたらそれをお金に変えます。

3 楽天銀行のメルマネマスペイメントを経由して自分の口座に入金されます。アフィリエイトASPと同様、実際に入金されるのは入金が確定してから2ヵ月後です。

NAVERまとめの報酬制度

報酬金額は基本的にはその記事へのアクセス数と比例します。しかし、それ以外にインセンティブ制度、トピックピッカー奨励制度、ロングヒッター奨励制度というNAVER独自の3つの報酬制度があります。

インセンティブ制度

記事のクオリティーに応じて報酬を与えられます。アクセス数以外に「係数」と呼ばれるものが報酬判定基準となり、係数の具体的な詳細はNAVERからは明かされていませんが、訪問者の滞在時間が長いもの、複数の情報源を使って構成されたもの、専門性に特化されたものなどが評価が高くなるのではないかと言われています。

トピックピッカー奨励制度

記事を作成してから月間合計ポイントが3ヶ月連続で1万ポイントを越えることで与えられます。ニュース・時事などの記事が対象になります。奨励期間は基本3ヶ月ですが、月間合計ポイントが前月を上回れば期間延長されます。

ロングヒッター奨励制度

記事を作成してから3~14ヶ月が経過し、月間ポイントが1万を越えた場合に候補となり、そこから内容審査を経て報酬が与えられます。

アクセス数の稼げる記事を作りには

放射能問題や災害などをテーマにしたまとめ記事はアクセスされやすい傾向にあります。他に生活の知恵、アニメ、漫画なども人気です。

画像の使用もとても重要になってきます。画像を使用するには、自分で撮った写真や自分で描いたイラストを使用する、無料素材サイトの画像を使う、NAVERまとめで使用可能になっている会社の画像を使うという3つの方法があります。どうしても特定の画像を使いたい場合は、その著作権者から使用許可をもらわなくてはなりません。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る