稼ぐ

インターネットでお金を稼ぐには?【占い・占いライター】

占いはすぐに始められる

占い

占いが得意という方は、占いサイトに登録し、お金を稼ぐという方法があります。
占いにも様々な種類がありますが、基本的に占い方法は問わず、資格制限も設けていないケースが多いです(占い師になるには資格はありません)。
メール、チャット、電話など、相談者とコミュニケーションできるツールがあれば、すぐに始めることができます。

占いサイトに登録せず、自分のサイト(無料ブログでもOK)で占い師としての経験・実績などをアピールし、依頼者があれば、直接銀行口座にお金を入金してもらうという方法もありでしょう。
ブログを頻繁に更新し、ブログの読者が増えるようになれば、「占い」で検索した時に上位に表示されやすくなります。

占いライターとは?

占いコンテンツを制作するためには、占い師だけじゃなくライターの存在も必要不可欠です。
コンテンツを発表するには非常に多くの文章が必要になります。
限られた期間内に占い師だけで制作するのは不可能なので、占いに関する内容やキーワードを指示し、それについてライターが記事を作成するという流れが一般的です。

占いライターのメリットは、占い師の監修のもとで占いに関する記事を作成できることです。
占いについて詳しくなるので、将来的に自分自身が占い師として働く時に役立ちますし、占いに関する書籍を出版できるかもしれません。
出版については、出版社は占い師のキャラクター性や年齢などを重視しますので、思うように出版できないかもしれませんが、自費出版や電子書籍で販売することも可能です。
他人にとって役立つ知識・経験を積めば、どんな形でも他人に伝えることはできるでしょう。

続けることが大事

問題は、人生を通して占いを続けられるかどうかです。
占い自体に飽きてしまったり、失望してしまったりすると、占いを続けることが苦痛になります。
何のために占いをするのか、自分の動機・目的について見定めないと、後で迷走してしまう可能性があります。

最終的に自立する

初心者の占いライターは、当然ですが報酬が少なく、がんばってコツコツ作成してもアルバイト並みの収入しか得られません。
占いライターとして本格的に稼ぎたいと思うなら、占いの分野に秀でたプロのライターになる必要があります。
しかし、プロになったらなったで、「プロの占い師は報酬が高くなるから雇わない」というサイトもあり、結局低い報酬で働かされる場合もあります。
また、対面形式の占いの館などで働いても、きちんとした雇用契約が結ばれず、突然解雇されてしまう可能性もあります。

サイトでも占いの館でも言えることは、「誰かに雇われていれば安心だ」とは言えないことです。
せっかくプロの占い師になったのに、業界に失望して短期間で占い師を止めてしまうという話は多いです。
占いの道を目指すのであれば、いずれは独立するという気持ちで、自分の腕を磨き続けることが大切です。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧