稼ぐ

自動販売機の設置で労力なしで稼ぐ!

自宅の空きスペースを利用

自動販売機

今、サラリーマンの副業として人気を集めているのが自動販売機の設置です。自宅に自動販売機を設置できるだけの空きスペースがあれば簡単に始めることができます。

方法は2種類あります

フルオペレーションタイプ

自宅の空きスペースを飲料メーカーに提供し、月3,000~5,000円の電気代を払います。補充、集金、空き缶ゴミ箱の清掃などすべて業者がやってくれるのでなんの労力もいりません。1本あたりのマージンは20~25円程度。そこから電気代を差し引くと、1ヶ月の収入は数千~1万円くらい。よほど立地の良い場所でなければなかなか大きな収入にはならないようです。

このフルオペレーションタイプにはメーカー直販による管理運営と一般オペレーターによる管理運営の2通りがあります。前者の場合、飲料メーカーまたはその子会社・関連会社がフォロー。後者の場合、複数の飲料メーカーの自動販売機を扱うオペレーターといわれる業者がフォローします。

セミオペレショーンタイプ

自動販売機をリース、もしくは購入し、補充やゴミ箱の清掃などをすべて自分で行います。売り上げから仕入れ代金を引いた金額が自分の収入になるので、上記のフルオペレイタータイプよりも高収入になります。しかし、ちょっと手間がかかりますし、どの季節にどんな商品が売れるかというマーケティングも必要になってきます。

フルオペレーションタイプの設置から運営まで

まず飲料メーカーに問い合わせをします。後日、セールスマンが訪問しますので、そのときに疑問点を訊きます。いちばん重要なのは売り上げが見込めそうかどうかということ。立地が悪ければ売り上げはあまり上がらず、電気代で赤字になってしまうこともあります。プロの目からそのあたりをしっかり見極めてもらってください。工事代はどっちがもつのかということも確認すべきポイントです。

設置後のオペレーションはすべて業者がやってくれるので、自分ではなにもする必要がありません。マージンは指定口座に振り込みされます。万一、自動販売機が盗難、こじ開けなどの破損に遭ってしまった場合も保険に入っているので安心です。

セミオペレーションタイプの設置から運営まで

まずはメーカーから自動販売機をリース、または購入します。分割購入の場合、毎月の支払いは約9,000~12,000円程度。リースも同じくらいです。自動販売機の中身と在庫の商品は6~7万円分くらいあれば十分です。

商品補充、売上清算、空缶ゴミ箱の清掃などはすべて自分で行います。だいたい週2回、1回30~60分程度の時間が必要になります。故障などのトラブルにはサポート会社が対応してくれます。盗難や破損に遭った場合も保険でカバーできます。自動販売機は何年もすると塗装が落ちてきたりしますが、リフレッシュ整備をすれば10年は使えます。

1缶30円などのスーパーの特売品を大量に仕入れて1缶100円で売るとよく売れます。特に500ミリリットルのペットボトルを100円で販売すると人気になります。すぐ近くに定価で販売しているメーカー系に自動販売機がある場合、このやり方は特に有効です。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧