稼ぐ

ネットオークションは副業にぴったり

継続的な収入も見込めます

レトロ
 ネットオークションでは、誰かがほしがっているものを市場価格より安く入手することができれば、継続的な収入が見込めます。収入は出品する商品、個数、販売単価などによって大きく変わってきます。1ヶ月に100万円以上稼いでいる人もいるようですが、土日を使っての副業という感じでしたら、だいたい月5~10万円くらいは稼ぐことができます。

希少性の高い中古品がよく売れます

ネットオークションでは新品はあまり売れません。新品であればプロの卸売業者のほうに分があるからです。高価な貴金属、時計、デジタル製品などもデパートで購入できるため、わざわざネットオークションで購入しようという人はあまりいません。ネットオークションでよく売れるのは希少性の高い中古の本、玩具、アイドル写真集などです。それらを大量に仕入れて転売をすると収益を得やすくなります。薄利多売が基本ですが、たまにプレミアが付いて高く売れる商品もあります。

海外旅行、ゴルフ会員権、高級マンションなどもネットオークションで売買されています。作り途中のプラモデルが出品されることもあり、これはパーツを求めている人からけっこうニーズがあるようです。他には使い途中の化粧品なども売れます。自分の肌に合わないからといって捨てることはありません。状態を写真で見せ、使用期間や回数を明記すればクレームになることもありません。さらにはビデオ作成のスキルなど形のないものも取引することができます。

ネットオークションの基本的な流れ

ネットオークションを始めるにはまずヤフオクやAmazonマーケットプレイスの会員になります。出品する商品の写真を撮ってコメントを入れ、最低入札価格と発送方法などを入力。あとは期限までに落札されるのを待ちます。商品が入札されたら商品を梱包して発送します。代金はオークションサイトが銀行に振り込んでくれます。

ネットオークションはスーパーや商店街の八百屋の仕組みと似ています。農家まで行って米や野菜を買うのが大変な消費者のために、仕入れルートを使ってそれらを販売する。これは規模が違うだけでネットオークションの仕組みと同じです。ですので、は実店舗と同じように買いたい人を想定し、安い金額で商品を仕入れることがポイントになってきます。

すぐに入札されなくても様子を見ましょう

ネットオークションに出品してもなかなか入札されないことがあります。しかし、そんなときはじっと我慢。1ヶ月くらいならまだ出品を取り下げたりせずにもう少し様子を見てみましょう。いったん入札があるとその途端に入札が増えて価格が跳ね上がっていくことが多いからです。

入札があると、一気に入札件数が増えるのはどうしてか? これは落札する側の気持ちを考えればわかります。ユーザーはなにか気になる商品があっても誰も入札していなければ、いつでも入札して落札できるという安心感をもっています。そこに他の誰かが入札して買うという意思表示をし、ライバルが出現すると、その商品を買いたいという気持ちにスイッチが入るわけです。

1~2ヶ月以上しても入札されないときは価格を下げることも検討してみてください。なかなか入札されないいちばんの原因は価格です。同じような商品と比べて明らかに価格が高ければ誰も入札しません。といっても、いきなり半額などにする必要はありません。たとえば1,000円のものを980円にするだけでもかなり安くなったようなイメージを与えることができます。それで入札が始まり、1,500円で落札されれば結果オーライですよね。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧