借りる

カードローンとは?普通のローン、キャッシングと何が違う?

銀行などでローンを組む際、「カードローン」を申し込めば利率が下がりますよ、という案内を受けたことはないでしょうか。
お金を借りたことがない方ですと、中にはカードローンについてよくわからない、という方もいると思います。
今回は、カードローンについて知りたい方のために、普通のローンやキャッシングとの違いやデメリットなどをまとめてみました。

実は知らない人もいる!カードローンとは?

カードローンカードローンは簡単にいうと、あらかじめ審査を受けておいて発行された「ローンカード」を使ってお金が借りられる「無担保」の個人向けローンのことです。

カードローンというと、消費者金融というイメージを持っている方が少なくないと思いますが、実際は銀行や信用金庫など様々な金融機関から提供されているサービスです。

ちょっとお金を借りたい時に、ローンカードさえあればお金を借りられるので、毎回ローンの審査を受けるのと比べれば比較的「簡単」なお金を借りる手段だと言えます。

カードローンの特徴

カードローンの一般的な特徴は、次の通りです。

特徴1.いちいち審査を受ける必要がない

普通のマイカーローンや住宅ローンの融資を受けたことのある方ならわかるかと思いますが、銀行ローンというのは借りる度に審査を受け、通ってから融資を受けられるので、申し込みから融資まで時間がかかります。

それに対し、カードローンはカードローン専用の「ローンカード」を発行する際に審査が必要なだけで、発行後は利用限度額までは自由に借りることができます。

急な資金繰りが必要になった時など、時間をおかずにお金を借りられるだけではなく、金利もキャッシングなどにくらべて銀行カードローンは低めに設定されていることが多いので、便利です。

特徴2.限度額の範囲で何度も借りられる

カードローンの利用限度額は、申込者の年収やクレジットヒストリーによって決められます。

一般的なローンは一度借りたらその借りた分だけを返し終わるまでコツコツ返し続けるものですが、カードローンは限度額までであればはじめにローンカードを作成する際の審査だけで、何度も借りたり、返したりをくりかえすことができます。

特徴3.分割払いを利用できる

ATMを使ったローンということで、返し方も特殊なのではと思う方もいるかもしれませんが、住宅ローンやマイカーローンのように「分割払い」を選ぶことができます。

まとまったお金を借りてすぐに返すのは難しいという場合も、カードローンであればコツコツ返せるので、普通のローンと同じように使えます。

キャッシングや普通の銀行ローンとは何が違うの?

カードローンは、キャッシングや住宅ローン、マイカーローンなどとは区別されていることが多いですが、ここではその違いを解説いたします。

マイカーローンなどの「一般ローン」との違い

カードローン以外の銀行ローンは、融資1回ごとに審査があり、一度借り入れたお金を途中で増やしたり、融資額を分割して借り入れたりするといったことは通常できません。

それに対し、カードローンは基本的にローンカードを作成する時に審査が一度必要なだけで、それ以降は限度額の範囲で自由に借りる、返すといったことが繰り返し可能です。

もちろん、返し方は会社ごとに決められていますが、通常のローンのように1回ごとに審査があるという煩わしさはありません。
借りるのに審査が1度だけで良いという点と、ローンカードさえあればATMだけでお金が借りられるという点が、通常のローンとは異なります。

「キャッシング」との違い

キャッシングとカードローンは、どちらもATMを使って現金を借りるという点では似ていますが、簡単にいうと返済方法が異なります。

キャッシングは翌月一括払い、もしくはリボルビング払いのどちらかというものが一般的ですが、カードローンは普通の銀行ローンと同じように分割払い前提の借り入れです。

また、キャッシングはクレジットカードの付帯サービスであるものが多いですが、カードローンは審査を受けて作成する、ローン専用の「ローンカード」を使ってお金を借りる点も違うと言えます。

カードローンのデメリット

ちょっとお金が必要な時にとても便利なカードローンですが、デメリットもあります。

デメリット1.通常のローンよりも金利が高め

ここでいう通常のローンとは、銀行で審査を受けて借りる「マイカーローン」や「住宅ローン」などを指しています。

カードローンははじめの審査さえ通ってしまえば比較的簡単にお金を借りられる反面、金利を高めに設定しているというデメリットがあります。

ですので、急いでお金が必要な時には利用価値が高いですが、あまり急いでいない時には審査が個別である通常ローンの方が良いでしょう。

デメリット2.手軽な分、つい借りてしまう悪循環に陥りやすい

カードローンは最初の審査や手続きさえ終わってしまえば、あとは比較的「簡単に」借りられるローンです。

簡単に借りられるというメリットとともに、簡単に借りられるのでついつい「借金をしている」という意識をあまり持たずに気軽に利用してしまうというデメリットがあります。

ついつい給料日前などに借りてしまうということが続くと、気がついたら限度額いっぱいまで借りてしまい、返済が大変になってしまうということも考えられますので、くれぐれも「借金をしている」という意識を忘れずに利用することが大切です。

上手に活用して使いすぎないようにしよう!

カードローンは気軽に融資を受けられ、しかもキャッシングにはない「分割払い」でゆっくり自分のペースで返済できるなどのメリットが多いサービスですが、利用には注意が必要です。

しかし、上手に活用すればちょっと手持ちがない、という時でも必要なものにお金を使えるなど、とても良い点もあります。
融資を受ける際には、カードローンのデメリットまでしっかりと理解し、使いすぎないように賢く利用しましょう。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ

マネポタ:テーマ

すべてのテーマを見る