借りる

未成年でも使えるVISAクレカ『Vプリカ』を発行してみた ~メリット・購入方法など~

未成年・10代・20才未満でも発行できる

vprica

未成年や高校生でも使えるクレジットカードとして人気の「Vプリカ」。正式には「クレジットカード」ではなくプリペイドカードなのですが、一度購入して利用できるようになったら、その先はクレジットカードと同じ機能です。

で、そのVプリカをコンビニで買ってみたのですが、その体験談も交え、メリット・デメリット・注意点などをまとめていきます。

Vプリカのメリット・デメリット

まず、メリットは下の通りです。

  • 未成年・10代・高校生でも使える(18才以上なら)
  • 携帯電話さえあれば、誰でも即日使える
  • Amazon・楽天市場などのネットショッピングで使える

そして、デメリット・注意点は、

  • 携帯の認証がある(音声か、SMSが受信できる必要がある)
  • ネットの買い物限定(リアル店舗は使えない)
  • 高校生でも、18才未満は利用できない
  • 日本国内に在住していないといけない
  • クレジットヒストリーが改善されることはない

…という風です。以下、詳しく解説していきます。

デビットカードよりも、遥かに簡単に発行できる

高校生や10代でも持てるクレジットカード(もどき)としてはデビットカードもあります。デビットカードの仕組みは、

  • 銀行口座から「リアルタイム」で引き出す
  • そのため、「実際に口座にある金額」しか利用できない
  • それ以外は、普通のクレジットカードと同じ
  • ネットショッピングでも使えるし、
  • 実店舗の買い物でも使える

…という風です。Vプリカとの最大の違いは「実店舗でも使える」ということ。この点では、デビットカードが有利です。

デビットカードは、銀行での発行手続きが必要

ただ、デビットカードにも不利な点があり、それは銀行で発行手続きをしないといけないということ。「銀行口座と連携している」ので、その銀行に行って、デビットカードの発行手続きをする必要があるんですね。

もちろん、こういうカードで発行手続きがあるのは当たり前ですし、別に「デビットカードが悪い」というわけではありません。ただ、大至急、ネット決済ができるカードが必要などとなった場面では、デビットカードは間に合わない、ということです。

さすがに高校生だとそういう場面はめったにないとは思いますが、たとえば18才・19才の大学生だったら、それはまれにあるでしょう。(イベントサークルの準備で、何か買い物が必要になった、など)

そういう時は「デビットカードでは、すぐに発行することはできない」(少なくとも、銀行に行かなければ行けない)ということは、意識しておいてください。もちろん銀行で手続きする時間さえあれば、審査自体は非常に簡単で、最短1時間もあれば可能なので、よほど「大急ぎ」という時でなければ問題ありませんが…。

何はともあれ、こういう「急ぎでクレジットカードが必要」という場面では、Vプリカのような「プリペイド」の方が断然いい、ということです。

携帯電話があればOK、審査はなし

Vプリカも含めて、プリペイドカードは審査がありません。発行条件は、

  • 日本国内に在住
  • 18才以上

…というだけで、収入・職業の有無などは、一切関係ありません。なので、アルバイトしていない、無収入の高校生でも、お小遣いがあれば利用できる、ということですね。

唯一の条件は「携帯電話を持っている」ということ。これも正確に書くと、

  • カード番号を登録した後「本人認証」が必要
  • その方法が「携帯電話(音声)」か「SMSの受信」

…ということです。どちらにしても「自分の携帯さえあればOK」ということですね。

携帯がなくても「SMSが受信できる」環境があればOK

やや特殊なケースですが、「携帯は持っていないが、SMSは受信できる」という人であれば、それでもOKです。どういうケースか箇条書きすると、

  • 自前のWi-Fiを「SIMカード」で使っている
  • そのSIMカードが「SMS対応」のものである
  • その番号でPCやタブレットを使い、
  • 「SMSを受信できるソフト」を使えばOK

…ということです。もちろん、これは不法でも違法でもありません。SMSは、そもそもメールの一種ですから、パソコンやタブレットなどで受信してもいいのです。

(ただ、普通のネット回線だと、SMSの送受信に対応していない…というだけで)

日本は「Wi-Fi後進国」として有名ですが、最近はようやく「SIMカードでの通信」も一般的になってきました。なので、このパターンでSMSを受信して、Vプリカを使う方も意外といると思います。

(高校生では少ないでしょうが、大学生ならすでにやっていそうです)

Amazon・楽天などのネットショッピングで利用可能

Vプリカは、ネットでの買い物で使えます。というよりネット限定です。「実店舗での買い物では使えない」ので、注意してください。

ただ、実店舗では普通に現金で買えばいいだけなので、何も問題ないでしょう。Vプリカが必要なケースというのは、

  • ネットでの買い物で、クレジットカードが必要
  • 特に「VISA」が必要
  • しかし、年齢などの事情でVISAカードが発行できない
  • あるいは、発行できるが時間がない(急ぎの場面)

…という時です。なので「ネット限定」で全然問題ない、ということですね。

で、ネットの主だった通販サイト・有料サービスはほとんど使えます。当然「楽天市場・Amazon」などでも利用可能です。

最近は高校生や未成年・10代の方でも、こうしたネットでのショッピングが増えているはずなので、Vプリカのようなプリペイドカードの存在意義は、ますます高まっているでしょう。

利用できないサイト・加盟店もあるので注意

当然ですが、Vプリカも「ネット上すべての買い物」で利用できるわけではありません。Vプリカを利用できない加盟店については、下の公式サイトのURLで一覧になっているので、ここで確認してください。↓

http://vpreca.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/2316/c/213

有名なサイトのみ一部抜粋すると、下のようになります。

  • クックパッド
  • ゴルフダイジェスト・オンライン
  • NHKオンデマンド
  • auナビウォーク
  • ウェブマネー
  • コミックシーモア
  • JR東海バス
  • JRバス関東
  • チケットぴあ
  • Dmm.com
  • TSUTAYA TV
  • 東洋経済オンライン
  • フールー(Hulu)
  • 富士山マガジンサービス
  • ベネッセ(通信教育)
  • mixi(プレミアム以外は利用可能)
  • モバオク
  • Yahoo!JAPAN(月額サービスの登録以外はOK)
  • U-NEXT

…という風です。特に10代・未成年の方が利用するかも知れないサイトとしては、

  • mixi
  • DMM.com
  • モバオク
  • チケットぴあ
  • フールー(Hulu)

…あたりでしょう。これらのサイトの決済のために、Vプリカを利用しようとしている未成年・高校生の方は注意してください。

ネット上でも、Vプリカを買うことはできる

これは未成年・10代や高校生の方にはあまり関係ない話です。すでにクレジットカードを持っている20才以上の方のためのメリットですね(18才でも、一応クレジットカードは持てますが)。

「ネット上でVプリカを買う」というのは、つまり今持っているクレジットカードによって、Vプリカを買うということ。「何の意味があるんだ?」と思う人もいるかも知れません。これは、

  • 「VISA」でなければ決済できない時
  • 「ギフト用」にする時

の「2通り」があります。クレジットカードをギフトにするのは、日本ではまだ少ないですし、ギフトにするにしても、

  • Amazonギフト券
  • Google Playギフト券
  • iTuneギフト券

…などの方が「プレゼントっぽい」ので、喜ばれるでしょう。なので「ギフト目的」は少ないかも知れません。一番多いのは、やはりVISAでないと決済できないというものでしょう。

Vプリカを買えるクレジットカードの種類

で、Vプリカをネット上で買えるクレジットカードの種類ですが、

  • VISA(当たり前)
  • Master Card
  • ライフカード

となっています。Vプリカ自体が「VISA」なので、VISAで買えるのは当たり前ですね(この場合、目的はギフトだけです)。

で「ライフカード」についてですが、これはVプリカを管理している会社が、ライフカードだからです。なので、ライフカードが発行しているクレジットカードであれば、「JCBなどもOK」となっています。

で、そのような「ライフカード発行のもの」でなければ、

  • JCB
  • ダイナース
  • アメリカン・エキスプレス

などの、「その他のクレジットカードブランドでは、買えない」ということです。

JCBではVプリカは買えないので、注意

特に引っかかる人が多いのはJCBでは買えないという点でしょう。理由は、

  • クレジットカードの種類が限定されているサイトは、
  • 「VISA」か「MASTER」は対応していることが多い
  • なので、Master Cardを持っている人は、
  • わざわざVプリカを買わなくていい(ことが多い)

…というわけです。これに対して、

  • 特に「海外企業のサイト」では、JCBは対応していない
  • そして「JCBしか持っていない日本人」は、割といる(私も)
  • そういう人こそ、Vプリカが必要
  • しかし、その場合もJCBではネット上で買えない

…ということです。私もこれを書いている今日「JCBで、ネット上で買おうとして」できなかった1人です。

もちろん、「JCBしか持っていないのが悪い」ということですが(汗)、私と同類の方は注意してください。この場合はコンビニでVプリカを買うというやり方になります。

コンビニでのVプリカの買い方

コンビニでのVプリカの購入方法は2通りで、

  • Famiポートなどの「端末」で、「コードだけ」買う
  • カード状の「Vプリカギフト」を買う(Amazon・Google Playなどと一緒に売っている)

…となります。それぞれの購入方法について、解説していきます。

コンビニ端末で「コードだけ」買う

コンビニには「Famiポート」「Loppi」などの「端末」があります。これを操作して、

  • 購入のためのレシートを出す
  • それをレジに持っていき、支払う

…という方法で、「コードを取得する」ことができます。あとは、

  • パソコンやスマートフォンで、Vプリカのサイトにアクセス
  • アカウント開設後、そのカード(コード)を登録
  • 以後、普通のクレジットカード同様に使えるようになる

…という流れです。

カード状の「Vプリカギフト」を買う

もう一つの方法は、「カード状になった『Vプリカギフト』を買う」というもの。これは普通の商品と同じように、レジで買うだけです。

端末の操作がいらないので、コンビニ端末の操作がわからないという人には、こちらの方がおすすめです。

セブンイレブンやローソンなどの大手コンビニであれば、Google Play・Amazon・楽天などのギフト券を売っているコーナーがあるのを、知っている人は多いでしょう。あの中に「Vプリカギフト」もあります。それをレジに持っていくだけです。

このやり方のデメリットは特にないのですが、強いて言うなら買った後、裏面をスクラッチして番号を出すのが面倒ということでしょう。実際に買って気付きましたが「Amazonギフト券などに比べ、スクラッチのシールが固め」で削るのにやや手間がかかりました。

(私の場合、2万円の買い物をするために、4枚も買ったので余計にそう感じたのですが…)

ただ、コンビニの端末を操作するのも、それはそれで手間なので、総合的にはむしろこちらの方が楽かも知れません。

「Vプリカギフト」なら、アカウントの開設も不要

カードタイプの「Vプリカギフト」だと、Vプリカのアカウントを開設しなくても利用できるというメリットがあります。開設自体はそれほど面倒ではないのですが「すぐ買い物したい」という場合、やはり開設しなくていいのは便利です。

こうして「アカウントなし」で利用する場合も、「Vプリカの公式サイト」にはアクセスします。その後の手順を書くと、

  • 「Vプリカギフトの登録」を選ぶ
  • 「カード番号」を登録する
  • 登録すると「カードの画像」が出る
  • そこに「利用期限」「セキュリティコード(3桁の数字)」がある
  • ↑(この2つは、登録するまで出ない)
  • この2つの数字をこうしてゲットすれば、
  • あとは普通のクレジットカード同様、買い物ができる

…ということです。すでにクレジットカードを利用している方なら知っているでしょうが、クレジットカードでの決済には「利用期限」「セキュリティコード」が必要で、Vプリカギフトを登録すると、それが入手できるということですね。

登録後に出てきた「カード画面」を消してしまったら?

これは消しても大丈夫です。もう一度同じようにカード番号を登録すれば、「さっきと同じカード画像」がでてきます。これをスクリーンショット(スクショ)するなどして、保存しましょう。(手書きでもいいですが)

私はこれを消してしまい焦ったのですが、もう一度登録したら、何事も無く表示されて安心しました(笑)。

ただ、これは少々危険でもあり、

  • 隣の人が、自分のVプリカギフトの番号を見て、
  • それを自分のパソコン・スマートフォンで入力したら、
  • そのまま使えてしまう可能性がある

…ということです。「何も知らない人」がいきなりそんな早業をできることはないでしょうがすでにVプリカを使ったことがある、悪人だったら、これは割と簡単です。なので、Vプリカギフトの番号を入力する時は「くれぐれも他人に見られないよう注意してください。

バラバラで買ったVプリカを、1枚にまとめることはできる?

複数のVプリカを、1枚にまとめることは可能です。やり方は、

  • アカウントを開設する
  • そのアカウントに、全部のVプリカを登録する

…というだけです。「何で複数買うの?」と思われるかも知れませんが、今日私がやったように2万円分の買い物をするとなると、コンビニで買えるVプリカギフトは「5000円」までなので、それを4枚買う必要があるのです。

ということで、少々面倒ではありますが「アカウントの中で、複数のVプリカを統合する」ことはできます。私と同じような立場の方は、このやり方で高額決済をできるようにしてください。

(ちなみに、多分端末でやったらもっと高額の指定もできたのだと思います。私は、コンビニで買った時点では「端末」の買い方を知らなかったもので…)

コンビニで買うと、手数料が上乗せされる?

これは、通常はされます。「5000円」のVプリカギフトを買うのに「5250円」必要です。なので、少々損ですね。

ただ、これは「度々キャンペーン」をやっていて、たとえば2016年2月はサークルKサンクスなら、250円割引で、5000円ジャストとなっています。なので「手数料はなし」ということですね。

私もちょうどサークルKサンクスで買ってきました。1枚買う度に、レジの認証ボタンを押すのですが、4連続で認証ボタンを押したのは初めてだったので、少し楽しかったです(笑)。

(ちなみに、レジのおじさんに「VISAは強制解約になったので、これしかないんです」と説明したら、笑っていただけました)

「海外サイトのSMS用電話番号」の発行は危険

最後に補足ですが、

  • 携帯電話を持っていない
  • SMSを受信できる通信環境もない

…という人が使う「SMS認証の裏ワザ」があります。それは海外サイトで「無料のSMS用電話番号」を発行するというもの。結論を言うと、

  • 危険なのでやめた方がいい
  • 大部分のサイトは、すでにVプリカでもブロックされている

…ということで、やめておきましょう。危険な理由は、

  • どんな個人情報を抜き取られるかわからない
  • Vプリカなど「カード会社側」からマークされる危険がある

というもの。また、上に書いた通り日本のカード会社などから問題視されて、すでに使えなくなりつつあるということです。おそらく、これを読んでいただく頃には「そんな手もあったね」という状態になっているかも知れません。

2015年前半くらいまでは割と使えたようですが、今はもうやめた方がいいでしょう。

まとめ「Vプリカのメリット・デメリット」

以上、Vプリカのメリット・デメリット・注意点・購入方法などを書いてきました。最後にポイントをまとめると、

  • 18才以上で、携帯電話を持っていれば発行可能
  • 携帯電話がなくても、誰かにSMSを受信してもらえばOK
  • ネット上で買う場合、ライフカードかMaster Card・VISAが必要
  • JCB・アメックス・ダイナースなどでは買えない(ライフカードならOK)
  • コンビニでも「端末」「ギフトカード」で買える
  • カード状の「Vプリカギフト」だったら、アカウントの開設も不要
  • Vプリカは「ネットでの買い物」のみ。実店舗では使えない

…という風です。特に普通のクレジットカードが発行できない「未成年・10代・20才未満・高校生」などの方に参考にしていただけたら幸いです。

(最後の最後に補足ですが、「18才以上」なので、中学生は発行できません。注意してください)

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ