借りる

無職だけどお金を借りたい!銀行・消費者金融で借りられる?

無職でもお金を借りられる?

ノーマネー

無職には主に、専業主婦、学生、失業中という3つのパターンがあります。
専業主婦の場合、配偶者に収入があれば家計収入として捉えられ、審査に通過する可能性はあります。
少額であれば、配偶者の同意なしでも貸付している銀行カードローンもありますので、配偶者に内緒で借りることも可能です。
学生の場合、未成年ですと契約できない場合もありますが、親の同意があればOKというカードローンもあります。
成人でアルバイトをしている場合は、自分の意思で契約することができます。

しかし、専業主婦でも学生でもなく、アルバイトもしていないという状態ですと、カードローンの審査に通ることは難しいでしょう。
可能性があるとすれば、銀行カードローンですが、運良く審査に通ったとしても利用可能枠は10万円以下など、少ない金額しか借りられません。

消費者金融で借りるには?

消費者金融は、無職の方に無担保融資できないことになっていますから、アルバイトなどをしない限り、消費者金融から借りることはできません。
逆に言えば、アルバイト先を見つければよいということですので、銀行で断られた場合は、短期のアルバイトや派遣社員でも良いので、何かしらの仕事に就いてから消費者金融に申込んでみましょう。

審査項目の「年収」には、推定年収を書き込んでも問題ありませんので、勤務したばかりで収入をまだ受け取っていない状態でも、1ヶ月分の給料×12ヶ月=年収として記載できます。
消費者金融の審査はそれほど厳しくありませんので、勤務先さえはっきりしていれば、勤続年数が短くても審査に通る可能性はあります。

ただし、信用情報に遅延・延滞や債務整理が記録されている場合や、短期間に多くのカードローン会社に申込んだ場合などは、信用の面で問題ありと見なされて審査に通る可能性が低くなります。
不動産などの担保がある場合は、無職であっても審査に通る可能性がありますが(この場合、無担保ローンではなく不動産担保ローンで申込みます)、返済できないと担保を取られてしまいますので、大事な不動産などは担保にしないようにしましょう。

クレジットカード現金化に注意

「無職でもブラックでも借りられる方法」などと言って、クレジットカード現金化を勧めるサイトもあります。
クレジットカード現金化とは、クレジットカードで高額商品を買わせて、商品の転売・返品などにより、現金を作る方法です。
たとえば、50万円で買った商品を30万円に現金化し、カード支払い日に50万円支払う(あるいはリボ払いで支払いを先延ばしする)というように、一時的に現金を得るために、高額の借金を背負い込むことになります。

クレジットカードの利用規約に違反しますし、現金化業者を利用することでトラブルを抱えてしまう可能性があります。
現金が振り込まれずに支払いだけ発生するという詐欺も多いです。
商品の転売はあくまで自己責任ですが、現金化業者を利用するのは止めた方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧