借りる

税金・保険料をクレジットカードで支払い、ポイント・マイルを貯める方法&やり方

支払いをクレカに集中させ、ポイント・マイルを貯める

税金の支払いを計算する女性のイメージ

税金の支払いは、クレジットカードでもできます。税金も含めて、すべての支払いをクレジットカードに集中させれば、さらにポイント・マイルが貯まってお得なのは言うまでもありません。

サラリーマンの方だと「税金って、会社で勝手に引かれてるから、クレカでは払えなくない?」と思うかも知れません。確かに所得税などはその通りですが、自動車税・固定資産税などの支払いで、使えるテクニックです。

また、自営業・会社代表者の人だったら、この点は言うまでもないでしょう。自分で事業をしていれば、税金については必ず敏感になるので「税金をすべてクレジットカードで支払える」ことのポイント・マイルの蓄積効果は、よくわかると思います。

ほとんどの税金は、クレカで払える

クレジットカードで払える税金の種類をまとめると、

  • ほとんどの税金・保険料は、クレジットカードで払える
  • 正確にいうと「払込書にバーコードがついているもの」なら払える
  • そして、ほとんどの種類の税金・保険料はバーコードがついている

ということで、ほとんど全部OKと思ってください。一応、種類を一覧にすると下の通りです。

クレカで払える税金の種類・一覧

  • 住民税
  • 所得税
  • 国税(相続税・贈与税など)
  • 固定資産税
  • 国民健康保険料
  • 自動車税・軽自動車税
  • 地方税(自治体による)

…という風です。「相続税・贈与税」のようなランダムな種類でも払えるので、ほとんど全ての支払いが可能…と思ってください。

税金のクレジットカードでの払い方

税金・保険料をクレジットカードで払う方法を箇条書きしていくと、下のようになります。

  • Yahoo!公金払いで払える
  • しかし、Yahoo!公金払いは「手数料」がかかる

で、この手数料は大抵「クレジットカードの還元率より高い」ので、この方法はおすすめできません。で、どうするかというと、

  • 電子マネーの「nanaco」で払う
  • クレジットカードは「nanacoへのポイントチャージ」に使う

ということ。そして、ここで注意することは、電子マネーへのチャージでは、マイル・ポイントが付かないクレジットカードが多いということです。

なぜ、電子マネーではポイントがつかない?

「電子マネーへのチャージでは、マイル・ポイントがつかない」という理由は、

  • クレジット会社が「ポイント」をつけるのは、
  • あちこちの商店で「そのクレジットカード」を使ってほしいから、である
  • そうすれば、そのクレカの加盟店も「このカードを導入してよかった」と思う
  • こうして加盟店が増えれば便利になり「利用者」も増える
  • だから、あくまで「そのクレカ」でお店で支払ってほしい

ということです。これに対して「電子マネーにチャージ」されたら、

  • 実際に店頭で支払いに使うのは、電子マネーである(この場合はnanaco)
  • お店の人は「nanacoは便利だな」と思うだけ
  • 「楽天カードは便利だな」などとは、思ってくれない(わかるはずがない)

…ということでクレジット会社は、電子マネーのチャージに対しては、ポイントをつけないのです。こうして「クレジット会社の利益」を考えれば、当然のことですね。

電子マネーのチャージでも、ポイントがつくクレカ

しかし、一部のクレジットカードは、「電子マネーのチャージでも、ポイントが付く」ようになっています。一覧にすると、

  • JMBローソンPontaカードVISA
  • リクルートカード(JCB・VISA両方)
  • ライフカード(JCB)

…という3種類など。(他にもありますが、主だったものを抜粋)

それぞれのメリットも一覧にすると、下の通りです。

  • JMBローソンPontaカードVISA…ローソンの利用で、還元率2%
  • リクルートカード…すべての利用で、還元率1.2%、提携サービスによって3%なども
  • ライフカード…誕生日月のみ、還元率2.5%

という風です。還元率の高さについて補足すると、

  • 「高還元率」と言われるクレカで、1%~2%
  • なので、これらは全部「かなり高い」
  • 特にライフカードの「誕生月2.5%」は最強
  • リクルートは、ホットペッパー・じゃらんなどで3%になる

…という風です。では、この中ではどれがいいのか?

リクルートカード・ライフカードがおすすめ

この中では、リクルートカード・ライフカードをおすすめします。理由は、

  • リクルートカードは「多くの人が使えるサービス」が多い
  • ↑(ホットペッパーのグルメ・ビューティーなど)
  • ライフカードは「誕生月だけ使う」ようにすると、有利(あとは使わない)

というもの。そして、JMBローソンPontaカードVISAについては、

  • 確かに「ローソンをよく使う人」だったら有利
  • しかし、そもそも「コンビニでそんなに買い物をする」のがおすすめできない
  • 物価も高いし、品揃えも良くない(当たり前ですが)
  • 還元率が高くても「戻ってこないお金の方が多い」ことは、忘れてはならない
  • なので、JMBローソンPontaカードの「2%」は、実質「あまり役に立たない」

…ということです。このような理由から、上の3種類のクレジットカードであれば、

  • リクルートカード
  • ライフカード

をおすすめします。

まとめ「これらのカードで、nanacoにチャージ」

以上「税金をクレジットカードで支払う」やり方についてまとめると、

  • リクルートカードか、ライフカードを発行する
  • そのカードで「nanacoポイント」にチャージ
  • そのnanacoで「コンビニ決済」をする

…ということです。自営業の方の場合、毎年の税金や保険料の支払いだけで「50万円~100万円」くらい行くことは多いでしょう。この1.5%が還元されたとすると、

  • 50万円…7500円
  • 100万円…1万5000円

が還元されるということです。こうして小まめにすべての支払いでポイント・マイルが還元されるようにすれば、普通に支出しているだけでも、かなり得する生活を送れるでしょう。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ