借りる

自営業者は勤務先をどう書けばいいの?

勤務先の書き方

自営業

自営業の方がカードローンを申込む時、書き方に困ってしまうのが「勤務先」です。
自宅で営業している場合、勤務先に何て書いたらよいのか分からず、そのままカードローンの申込みを諦めてしまう方もいるでしょう。
しかし、勤務先についてそれほど悩む必要はありません。
自営業の場合、勤務先=自宅になるのは当たり前ですので、そのまま書けばよいのです

屋号をお持ちの方は、「勤務先」に屋号を記入し、屋号を持たずに個人で働いている場合は、「自営業」「個人事業主」などと記入すればOKです。
書き方について特に指示がない場合、勤務先=自宅であることが分かればよいので、「自宅」と書いても伝わりますし、自分の氏名を記入してもよいでしょう。
ネットではなく郵送や窓口で申込む場合は、自分で詳しく記載することができるので、勤務先の欄に屋号がないことを記述することもできます。

携帯電話でもOK?

勤務先の住所、電話番号についても、自宅と同じでOKです。
固定電話がある場合は、なるべく固定電話を書きましょう。
自宅に固定電話がなく仕事も携帯電話を使っているという場合は、携帯の電話番号を書くしかありませんが、携帯電話ですと営業の実態が掴みにくく、勤務先が本当にあるのか確認しにくいのです。
そのため、金融機関によっては勤務先の電話番号に携帯電話を使用できないこともあります。

とはいえ、フリーランスのライターやデザイナーなど、店舗(屋号)を持たないノマドワーカーであれば、固定電話を持たない方もいるでしょう。
勤務形態が多様化する中で、店舗を持たない方、携帯電話しか持たない方も増えています。
そのため、電話番号についてあまり追求しないカードローン会社も多いです。

銀行カードローンの場合、厳格な審査基準を設けているので審査に通ることが難しいかもしれませんが、消費者金融や信販会社のカードローンなら、審査に通る可能性は大いにあります。

電話確認の注意点

ただし、勤務状態について不安定であると見なされるのは当然ですので、電話確認(在籍確認)で質問されたら、自分の状況をきちんと説明することが大切です。
同じ内容で申込んだとしても、電話確認の返答次第で審査に通過する方もいれは、融資見送りとなる方もいます。
たとえば、「確定申告書を提出できますか?」と訊かれた時に、すぐに「できます」と答える方と、「えーと、それはー…」と言葉を濁す方とでは、心証も大きく変わります。
自営業として申込む方の中には、無職であることを隠して申込む方もおりますので、優柔不断な態度ですと誤解される可能性があります。

確定申告書が必要になることも

もともと自営業であれば、確定申告書の提出を求められる可能性が高いです。
もしも確定申告していない場合、税務署に行けば、過去に遡って確定申告を行うことも可能です。
ただし、一定の収入があれば追徴課税が発生します。
国民健康保険を支払っていない場合、過去に遡って支払う必要がありますので、お金がないから借金をしようと思ったのに、かえって借金が増えてしまったという状態になる可能性もあります。
課税証明書や納税証明書も、収入証明(所得証明)になりますが、確定申告を行わないといずれの証明書も発行できません。

カードローン人気ランキング
地域密着カードローンランキング
マネポタ:カテゴリ