借りる

ショッピングのリボ払いをカードローンで一括払いしたい

借り換えのメリット

計算

クレジットカードのリボ払いを、カードローンで一括返済することは可能です。
新規でカードローンを契約して、借入額をすべてリボ払いの返済に充てれば、リボ払いの方は完済できます。
このように新規ローンを契約して以前のローンを完済することを「借り換え」といいます。
複数のローンを完済する場合は、複数のローンを1つのローンにまとめるという意味で「おまとめ」とも言われます(おまとめローンという金融商品があります)。

借り換えのメリットは2つあります。
1つは、金利の低いローンに借り換えすることで利息が下がる可能性です。
クレジットカードのリボ払いは、利息制限法の上限金利に設定されていることが多く、100万円未満なら年18%、100万円以上なら年15%で借りている方が多いでしょう。
しかし、銀行カードローンであれば100万円未満なら年14%、100万円以上なら年10%以下で貸付しているケースが多く、借り換えすることで大幅に金利が下がる可能性があります
利息が少なくなれば、それだけ支払いが楽になります。

返済計画を変更できる

もう1つは、毎月の返済額を減少できるということです。
借り換えを考えている方は、今のままでは返済が厳しく、もう1度返済計画を見直したいと考えている方が多いと思います。
借り換えをする際に、約定返済額を少なくすることは可能ですので、返済の負担を減らしたいという方にも借り換えはおすすめです(カードローンによって最低返済額は異なります)。
もちろん、約定返済額が少なくなれば、返済期間が延びて支払う利息も多くなります。
しかし、金利の低いローンに借り換えすることで、すでに利息が減少していますので、返済期間が延びても最終的な利息が変わらないこともあります。

たとえば、100万円を年15%で毎月6万円ずつ返済する場合、完済までに1年7ヶ月、利息は13万円かかりますが、100万円を年10%で毎月4万円ずつ返済する場合、完済までに2年5ヵ月かかりますが、利息は13万円と変わりません。
借り換えする際は、利息が複利計算になる部分もありますので、最終的な返済額がいくらになるのか計算する必要がありますが、利息で損せず、今より返済が楽になるのであれば、カードローンで借り換えするのもありでしょう。

銀行以外でも借り換え可能?

信販会社や消費者金融のカードローンは総量規制の対象となり、原則的に年収の3分の1以上のローンを組むことはできません。
しかし、「顧客に一方的に有利になる借り換え」については総量規制の対象外になります。
具体的には、担保や保証人を要求されず、毎月の返済額や返済総額が減少する借り換えローンです。
上記のように金利引き下げによって毎月の返済額が下がるローンはOKです。
金利が低くなっても、返済期間が長引くと返済総額が増える場合もありますが、追加借入のない返済のみのローンであればOKです。
返済総額が少なくなる場合は、追加借入ありの借り換えローンも認められています。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧