借りる

キャッシングの返済はいつ利用可能枠に反映される?

確認に数日から一週間かかる

モバイルと時計

キャッシングの利用可能枠は、借入した金額分だけ減少し、返済した金額分だけもとに戻ります。
しかし、利用可能枠がもとに戻るのは、キャッシング会社が返済を確認してからになりますので、入金から数日かかることが一般的です。
口座振替で返済しても、金融機関から支払い完了という連絡が届いてから利用可能枠に反映しますので、金融機関によっては1週間近くかかることもあります。

キャッシング会社の休業日を挟む場合は、翌営業日にならないと事務処理手続きも行えませんから、平日なら2日で処理が完了する場合も、4日、5日と時間がかかってしまう場合もあります。
返済後すぐにお金を借りたいという方も多いと思いますが、少なくとも1週間程度は様子を見る必要があります。

それでも利用可能枠に反映されない場合は、システムトラブルの可能性もありますので、キャッシング会社に確認しましょう。
返済の際に利用明細書を発行し、手元に保管しておけば振込証明が簡単にできます。
銀行ATMから入金した場合は預金通帳に記入されますので、そちらも証明として役立ちます。

ネットバンキングなら即日反映

銀行カードローンの場合、各銀行のネットバンキングを利用すると、すべての手続きが短時間で行われます。
ネットバンキングは、ネット上で銀行取引を行うサービスであり、残高確認や入出金、振込依頼なども行えます。
パソコンだけじゃなく、携帯電話やスマホから利用できるネットバンキングも増えており、手続きの効率化を図れます。
キャッシングの返済についても、ほとんどの場合当日中に反映されますので、日常的にキャッシングしている方、スピード重視の方におすすめです。
ネットバンキングは、メンテナンス時間を除き24時間取引できるため、銀行の営業時間を気にする必要もありません。

カード利用停止も解除までに時間がかかる

ちなみに、キャッシングカードが利用停止になってしまった場合も、利用停止解除までに数日かかります。
遅延の場合は、上記と同様にキャッシング会社が返済について確認した後、利用停止解除となります。

ただし、何度も遅延している場合は、利用者の資質に問題ありと判断されてしまい、すぐに解除されない可能性もあります。
場合によっては、強制解約になったり、利用可能枠が下がったりする可能性もあります。
強制解約になると、新たな借入ができず返済だけするという形になります(完済と同時に契約完了です)。
事情があって返済が遅れてしまった場合や、返済する意思がある場合は、キャッシング会社に連絡して事情を話した方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ