借りる

返済を滞納してしまうと、どうなるの?

もしも返済日に間に合わなかったら?

スケジュール

キャッシングでは、毎月決められた日に返済日が設定されています。
当然、返済日までに契約で定めた金額を返済する義務がありますが、うっかり返済日を忘れてしまった場合や、お金を工面できず返済日に間に合わなかった場合、どのような対処を取られるのでしょうか。

一般的に、1~2回程度の短い延滞であれば、金融会社の心証は悪くなりますが、何か理由があって引き落としできなかったのだろうと思ってくれるので、それが原因で一括返済を迫られたり、審査に落ちたりするケースは少ないといいます。

しかし、3回以上延滞した場合や、延滞後まったく連絡が取れない場合、3ヶ月以上滞納するような場合などは、要注意人物とみなされて「事故情報」として登録される可能性があります
すると、他の金融会社でもお金を貸してくれなくなったり、すでに契約している金融会社から一括返済を求められたりと、何かと苦労することになります。

どうして他の金融会社にも延滞情報が伝わるの?

延滞・滞納すると、金融会社が加盟している信用情報機関を通じて、利用者の延滞情報が他の金融会社にも筒抜けになります。
信用情報とは、クレジットカードやキャッシングなど、信用取引の契約内容、利用状況などを記録したものであり、信用情報機関が管理・提供しています。

信用取引では、その人が信用できるかどうかということが非常に重視されますが、十分な情報がないと信用の度合いを判断することができません。
そのため、信用情報のように個人の信用を判断するための客観的なデータが必要なのです。
各金融会社は、信用情報機関に加盟することで、そこに登録される個人の信用情報を共有しており、誰がどの金融会社を利用し、いつ延滞したか、延滞した期間や回数まで、簡単に把握することができます。

特に悪質な利用者については「事故情報」として登録されると言いましたが、どこに登録されるのかというと、信用情報機関の相互交流ネットワーク「CRIN」(クリン)です。
CRINには、消費者金融だけじゃなく銀行やクレジットカード会社の信用情報機関も加盟しているので、消費者金融で事故を起こすと、銀行やクレジットカード会社の審査にも影響を与えます

一括返済を求められるケースも

また、返済日に間に合わないと「期限の利益の喪失」となり、一括返済を要求される可能性があります。
数日間の延滞でいきなり一括返済を求められるケースは少ないですが、必ずしもゼロではありません。
「一括は無理だから分割にして」とお願いしても、一括返済以外応じない業者もおり、給与差し押さえなどの強硬手段に出てくることもあります
その場合、司法書士や弁護士を雇って裁判所で話し合うこととなりますが(債務整理)、当然弁護士の費用などがかかりますし、債務整理することで信用を失い、他の金融会社からもお金を借りられなくなる(借りている場合は一括返済を要求される)可能性もあります。

このような状況を回避するためには、返済日に遅れないこと、どうしても遅れそうな場合は事前に担当者に連絡して事情を話すなど、誠意を示すことが大切です。
もしも金融会社から督促のハガキ・電話などがあった場合は、絶対に無視をしてはいけません。
無視をすると、事故情報として登録されやすくなりますし、裁判になった時に自分の要求が通りにくくなります。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ