借りる

ローンの返済が遅れそう!担当者に相談するコツとは?

返済は先延ばしできる?

不動産相談

ローンの返済が困難な場合、担当者に相談すると返済を先延ばししてもらえる場合もあります。
しかし、ただ「お金を払えません」と言ってもまともに取り合ってもらえません。
返済がまったくできないのでは不良債権にするしかありません。
不良債権にするということは、ローン会社ではなく債権回収会社がその後の回収を担当するということであり、信用情報にもブラックとして登録されます。
それが嫌だからこそ返済を待ってもらうよう相談するのかと思いますが、返済できないの一点張りでは回収不能と見なされてブラックになる恐れがあります

ローン会社もお金のない人から回収するのは困難であると知っていますから、お金がないと言われれば無理に回収しようとはせず、お金が工面できるまで待ってくれる可能性はあります。
ただし、ローン会社によって「〇ヶ月以上入金がないと貸し倒れとして処理する」と決められている場合がありますから、いつまでも待ってもらえるわけではありません。
利息だけでも入金すれば返済を先送りできる可能性がありますが、最低返済額も支払えない状態が続きますと、回収不能と判断されて不良債権になるリスクが高まります。
その判断をするのはローン会社であり、直接交渉に当たる担当者ですので、担当者との意思疎通が重要になります。

返済の見通しについて伝えよう

担当者との意思疎通をスムーズに行うためには、自分の経済状況と返済の見通しを伝える必要があります
会社を辞めたため返済が遅れるというのであれば、転職して収入が入ってくるまで待って欲しいと相談しますし、冠婚葬祭などの急な出費で返済に回すお金がないというのであれば、次の給料日まで待って欲しいと相談します。
会社が倒産して給料が入ってこないという場合は、失業保険が出るまで待ってもらうことも可能です。

しかし、上記の通り何ヶ月も待つことはできませんので、転職の場合はアルバイトや派遣会社などすぐに雇用されそうな仕事を探して、なるべく早く現金を作った方がよいでしょう(失業保険の場合は、ハローワークに行っても仕事が見つからない状態が一定期間続くことが保険適用の条件となります)。
アルバイトの面接に通った場合は、担当者にそのことも伝えた方がよいでしょう。
仕事の希望もあると思いますが、返済しながら自分に合った仕事を探すこともできると思います。
どうしても返済の見通しが立たない場合は、家族や親戚、友人などに相談するという方法もあります。

返済に困ると「ギャンブルで一発当てよう」などと考えて競馬やパチンコを行う方もおりますが、安易にギャンブルに手を出すとかえって借金の返済が遅くなります。
コツコツ収入を蓄えて返済することが一番の近道です。

同情を買おうとしないこと

担当者に相談する時に、「自分は病気で働けない」「頼れる親族がいない」など、不幸自慢のようなことを延々と話して、具体的な返済計画もなく担当者からお情けを貰おうとする方もおりますが、そのような話を聞かされても担当者は困ってしまいます。
担当者はそのような話を毎日聞かされていますので、まず同情されることはありません。
債務者の方から返済計画を提示できない場合、「〇〇日までに都合をつけてください」と言われるだけですので、本当に返済を先延ばしにしたいと思うのであれば、いつ、いくら支払えるのか、返済計画を立てて相談することをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧