借りる

カードローンの随時返済とは?有効活用する方法

随時返済の種類

随時

カードローンで、毎月決められた金額を返済することを「約定(やくじょう)返済」と言います。
それに対して、自分の好きなタイミングで好きな金額を返済することを「随時返済」と言います

随時返済には、「全額返済」と「一部返済」があります。
全額返済は、一括返済とも呼ばれており、その名の通り残りの借金(利息を含めて)をまとめて返済する方法です。

それに対して一部返済では、元金のみを返済します。
たとえば10万円借りて、一部返済で3万円返した場合、元金10万円から3万円が差し引かれます。
一部返済は、前倒しで返済するという意味で「繰上返済」、前回の約定返済に加えて返済するという意味で「追加返済」と呼ばれることがありますが、いずれも同じ意味であり、元金の返済に充てられます。
一部返済でもその日までの利息は日割り計算で発生しますが、その利息については次回の約定返済日に(約定返済額と合わせて)差し引かれます。

一部返済で元金を減らす

約定返済では、元金に加えて利息を支払うしかありませんので、利息の占める割合が大きいと、なかなか元金が減らせません。
しかし、一部返済では元金を減らすことができるので、利息が多くてもピンポイントで元金を減らすことができます
カードローン会社にとっては、一部返済をあまり行わない方がありがたいのですが、利用者によっては効果的に借金を減らせる手段となります(一部返済をしたからといってカードローン会社から悪く思われるということはありません)。
経済的に余裕ができたら、なるべく返済して元金を減らしていきましょう。

ただし、一度返済してしまうとそのお金は元に戻すことができませんので、返済しすぎて生活費が足りなくなったり、約定返済に回すお金がなくなったりしないように注意する必要があります。

全額返済する場合

残金をまとめて支払う場合は、カードローン会社に連絡しなくてはなりません。
というのも、一部返済では利息を返済することができないからです。
たとえ約定返済額以上の金額を振り込んだとしても、一部返済は約定返済の代わりになりませんので、約定返済はいつも通り発生してしまいます。

しかし、カードローン会社に「全額返済したい」と申し込めば、全額返済のための手続きを取ってもらえます
全額返済する日までの利息と返済総額も教えてもらえますので、余計な金額を支払う必要もありません(返済日を変更する場合、返済総額も変わってしまいますので、日を改めて再度連絡してください)。
全額返済を行えば完済したということになりますので、次回の約定返済もなくなります。

ただし、提携ATMでは小銭を振り込むことができない場合もあり、その場合はお札で多めに支払うこととなります。
払い過ぎたお金については、後日銀行口座に振り込んでもらえますが、手続きが必要な場合もあります。
ピッタリ返済したい方は、本支店の営業窓口を利用することをおすすめします。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧