借りる

複数のローンがある場合、どこから返済すればいい?

利息の高い順から返済する

棒グラフ比較

複数のローンを利用しており、月に何回も返済する日がある場合、どのローンから返済すればよいのか迷いますよね。
毎月約定日に返済するのは当然ですが、追加返済できる余裕がある場合、追加返済するローンをどれにするか自分で決めなくてはなりません。
当然、利息の負担が多いローンから返済していくわけですが、基本的には金利の高い順から返済することとなります。
たとえば、銀行から100万円を金利10%、消費者金融から100万円を金利15%で借りている場合、金利の高い消費者金融から返済していった方が利息は少なくて済みますよね。

大口ローンを優先するケース

ただし、銀行でマイカーローンや住宅ローンなどの大口借入をしている場合は、そちらを優先的に返済した方がよいこともあります。
なぜなら借入額が大きくなる分、金利が低くても利息が高くなるからです。
大口借入の場合、返済初期は元金が減りにくく、高い利息を長期間支払うことになりますが、追加返済することで元金を早く減らしてしまえば、毎月支払う利息も少なくなります。

しかし、マイカーローンや消費者金融と契約しているけれど、これから住宅ローンの審査も受けるというような場合は、先に消費者金融を完済してしまった方がよいでしょう。
銀行の中には、消費者金融から借りていることをネガティブに捉える場合もあります。
審査に影響する可能性がありますので、不安要素はなるべく取り除いておきたいところです。

完済できる場合は完済する

借入額の少ないローンについても、利息が少ないからといって約定額しか支払わないと返済期間が長引いてしまい、余計な利息がかかることもあります。
残高が少なくなると毎月支払う約定額も減りますから、口座振替にしているといつの間にか返済スピードが落ちてしまうこともあります。
他のローン残高が100万円ずつで、1社だけ50万円という場合、金利にあまり差がなければ、先に50万円の方から完済してしまうのもありでしょう。
完済してしまえば、余裕が出来た分他のローンに追加返済することができます。

優先順位は変化する

返済を進めると残高が変わり、利息の高い順位も変化します。
そのため、返済シミュレーションを随時行い、返済の優先順位も必要に応じて変えていきましょう

順位について考えるのが面倒という場合は、おまとめローンを利用することをおすすめします。
おまとめローンは、複数の借入を1つにまとめる方法であり、金利の低いローンに借り換えることで利息が減る可能性があります。
利息があまり減らない場合も、借入先が1つになるのでお金の管理がしやすい、返済日が月1回で忙しくないなど、様々なメリットがあります。

ヤミ金を利用している場合は?

ヤミ金から借りている場合、大前提としてヤミ金にお金を返す必要はありません。
違法業者なので、法律もヤミ金を保護する必要がないからです。
とはいえ、借金を踏み倒そうとすればトラブルに発展する可能性はあります。
あまり理不尽な要求をする相手であれば弁護士に相談することをおすすめしますが、本人に借金を返済する気があるのであれば、一番先にヤミ金から返してしまい、早めに関係を失くしてしまった方がよいでしょう。
借入証書を作った場合は、完済の際に借入証書を返してもらいましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧