借りる

パチンコで借金する人としない人の違いとは?

パチンコで勝つ人はのめり込まない

座禅

パチンコのために借金をしてしまい、生活に大きな負担をかけてしまう方は多いです。
借金に追われる状態であれば、債務整理で借金を減らすという方法もありますが、債務整理を行ってもパチンコを辞めることができないと、また借金を作ってしまいます。

パチンコに嵌る人の多くは「一発逆転」を狙っていると思いますが、パチンコに勝てる人は、そもそもパチンコで借金を負うことはありませんし、一発逆転のために打つこともありません。
パチンコに勝てる人は、台の状態などを冷静に見極めながら、手持ちの資金だけでパチンコを打ちますし、「これ以上は出ない」「今日はダメだ」と思えば、損をしている状態であっても台から離れることができます。
当たる台の見つけ方、引き際の見極め方がうまく、何時間やってもパチンコにのめり込むことがありません。

そのような人に話を聞いてみると、「自分の体調の悪い日には打たない」と言います、
つまり判断力の低下している時には手を出さないということです。
自分のコンディションに気を遣っていることが分かります。

お金は判断力を鈍らせる

また、ストレス解消や友人との会話など、「遊び」を目的に打つ方が多く、「お金儲け」を目的としていない方も多いです。
「お金を稼がないといけない」と思うと、ストレスが多くなる分、判断力も鈍ってしまいます。
パチンコで借金をする方は、すでに負け続けていて「どうしても勝たなくてはいけない!」という焦燥感に駆られており、そのために「借金をしてでも!」と、金融会社を当てにするようになります。

「借金をしたらさらに貧困化するのでは?」と考える方は、正常な判断力を有しているといえるでしょう。
しかし、パチンコで何回か当たったことがある方は、「次大当たりすれば今までの負けをチャラにできる」「家族に良い物を買ってあげられる」というように、大当たりした時のことを考えてしまいます。
確かに、パチンコで当たれば一発逆転の可能性もありますが、そのわずかな可能性のために借金をするということは、非常にリスクの高い行為です。

パチンコのために借金をしようと考えている方、すでに借金している方は、リスクについて冷静に考えることができない、判断力の低下した状態であると言えます。
先述した通り、判断力が低下していると負けやすくなります。
金融会社に行きたい衝動に駆られたら、パチンコを含め、あらゆるギャンブルから遠ざかった方がよいでしょう。

誘惑に負けないこと

「パチンコはするけど借金はしない」という方も、借金の誘惑に負けないように気を付ける必要があります。
パチンコ店の近く、あるいは店舗内にキャッシングできるATMが設置されていると、どうしてもお金にピンチの時にキャッシングするという選択肢が浮かんでしまいます。
キャッシングすれば、パチンコに負けたことを家族に誤魔化せますし、パチンコで浪費してしまった生活費を補填することもできますが、あくまで一時しのぎにしかならず、その後の返済で苦しむこととなります。

パチンコで一時的に勝っても、勝ち続けられる人はごく一部しかおりません。
パチンコに費やすお金があれば、より生産的なことに費やすか、別のお金儲けについて考えた方がよいでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧