借りる

専業主婦でも即日融資できる!配偶者に内緒で借りられる銀行カードローン

専業主婦だからこそキャッシングしたいと思う瞬間があります。

  • 生活費がピンチ
  • 子供の部活の合宿代が捻出できない
  • 冠婚葬祭が重なってどうしようもない

そんなときに利用したいのがカードローンです。

ローンというと敷居が高いイメージがあります。専業主婦だと審査に落ちてしまうのではないかと諦めてしまっている人もいるでしょう。

しかし銀行カードローンなら専業主婦でも安心して申し込むことができます。

ここでは、専業主婦でも即日融資が可能な銀行カードローンについて解説します。どんな仕組みなのか、どういった利点があるのか、そしてどのように返済するのか。事前に銀行カードローンについて知っておけば、安心して申し込むことができますよ。

専業主婦がお金を借りるなら総量規制対象外の銀行カードローン

ノートとお金

銀行カードローンは専業主婦でもお金を借りることができます。その理由は銀行が総量規制対象外の金融機関だからです。

総量規制というのは個人の借り入れ総額を制限する仕組みです。原則として年収の3分の1までしかお金を借りれません。

専業主婦は個人の収入がゼロ円です。ゼロ円の3分の1もゼロ円ですので、総量規制の対象となる消費者金融や信販会社から借金することができないのです。

ですから専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローンということになります。

そこでまずは銀行カードローンが専業主婦にとって魅力的な理由を解説していきたいと思います。

配偶者に内緒でお金を借りられる

銀行カードローンの1番の魅力はなんといっても夫に内緒で借りられることです。

専業主婦個人の名義で借りることができるので、夫の収入証明や同意書の必要もありません。

銀行よりも消費者金融の方が簡単にお金を借りられるイメージがあります。しかし専業主婦の場合、消費者金融のカードローンを利用しようとすると配偶者貸付制度を利用することになります。これには夫の同意書や各種書類が必要です。

しかも配偶者貸付制度で借金をすると夫の信用情報にもその内容が記載されることになります。万が一返済の遅れなどが生じた場合には夫の信用情報にまで傷をつけてしまいます。

簡単そうなイメージだけで消費者金融のカードローンを利用するのはデメリットが大きいのです。

そのため、専業主婦が内緒でお金を工面したい場合には、銀行カードローンが最適といえます。

低金利で借りられるから返済の負担軽減になる

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを比較すると金利の差は明らかです。

消費者金融の金利が18%台なのに対し、銀行カードローンは最高で13~14%です。審査結果によってはより低金利で借りることもできます。

金利が低ければ借金の支払い総額も当然減ります。その分返済の負担が軽減されますので、安心して利用できます。

即日融資ができるから困ったときにすぐ対応できる

お金の困ったは突然やってくるものです。

銀行カードローンは即日融資が可能なので、すぐに現金が必要という場合にも迅速に対応できます。

専業主婦がカードローンを利用するのは生活費のためという理由が圧倒的です。生活に密接したお金は今すぐ必要なもの。そのニーズに的確にこたえてくれるのが銀行カードローンです。

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローン

安定収入の無い専業主婦が配偶者に内緒でお金を借りられる方法は、実質銀行カードローンだけです。

特に生活費など小額だけど絶対に必要なお金を借りる場合には銀行カードローンは最適です。

専業主婦だと銀行の審査に通過しないのでは?と不安に思って申し込みを諦めている人もいるようですが、中には消費者金融では審査落ちで銀行では審査に通過したという事例もあります。

専業主婦だから審査で不利になるということもありません。

専業主婦がお金を借りるならまずは銀行カードローンを利用するのが正解です。

銀行カードローンは配偶者に内緒で借りられる

内緒

銀行カードローンを専業主婦が利用する場合、必要なのは専業主婦本人の書類のみです。配偶者の同意書や収入証明といった書類は一切必要ありません。

そのため銀行カードローンは配偶者に一切知られることなくお金を借りることができます。

毎月の生活費の範囲で返済すれば、カードローンを完済するまで家族はもちろん誰にも一切知られることはありません。

銀行はプライバシーを守る

銀行は利用者のプライバシーを守ります。

カードローンを利用するとき誰にも知られたくない事情があるかもしれないことを銀行は理解しています。ですからたとえ相手が家族であっても、利用者本人の情報を漏らすということはないです。

カードローンに関する郵便物が届く場合でも封筒には銀行名しか記載されませんから、無断で開封されない限り郵便物でカードローンの契約を知られるということはありません。

電話も同様です。必要があって電話がかかってきたとしても、電話口では利用者本人以外の誰かにカードローンに関する電話であることを告げることはありません。

配偶者への在籍確認はありません

銀行カードローンに申し込むと在籍確認がありますが、これも行うのは本人に対してのみです。決して配偶者に連絡がいくということはありません。

家の電話番号を記載している場合にはそちらに電話がかかってきますが、その際も先に解説した通りカードローンについての電話だということは本人以外には伝えません。

また、連絡先を専業主婦本人の携帯電話にしておけば、確実に自分のみが出られるので安心です。

インターネットや自動契約機でカードローンに申し込む

銀行カードローンに申し込むには銀行に行かなければいけないと思っている方もいるかもしれません。銀行の窓口にわざわざ行くとなると、その行動から家族にカードローンについてばれてしまうかもしれません。

そうしたときにおすすめなのがインターネットからの申し込みです。

インターネットで申し込みをすれば、銀行に行かなくてもすぐにカードローンを契約できます。スマホやパソコンから手軽に手続きができるので、普段と違う行動パターンからお金を借りたことがばれるということを避けられます。

手軽に銀行カードローンを契約できる方法として自動契約機もあげられます。自動契約機のある場所まで行く必要がありますが、その場で即日融資を受けることもできます。

銀行カードローンで即日融資を受けるには

カレンダーとお金

専業主婦がお金を借りる場合、
「今すぐ必要」
「明日までに用意しなくちゃ」
といったことが多いものです。

銀行カードローンは条件次第で即日融資ができるので、急に現金が必要になったときにも便利に利用できます。

ただし、カードローンや銀行のシステムの都合上どうしても即日融資ができない場合もあります。

ここでは即日融資ができない日にちや時間帯を知り、確実に即日融資してもらうために必要なことを解説します。

土日祝日や夜間はカードローンの審査が止まっている

即日融資を受けたいなら曜日や時間を考えて申し込むことが大切です。

すぐに現金が必要だからと大急ぎで申し込みをしても、カードローンの審査自体がやっていないとか、銀行が休みだから振込みが受けられないとか、そういった場合には当然お金をすぐに借りられません。

カードローンの審査は土日祝日や夜間には行われていません。即日融資のためには週末や夕方以降の申し込みは避けましょう。

自動契約機なら土日でも融資可能な場合も

どうしても土日に即日融資を受けたいなら自動契約機の利用が便利です。

自動契約機なら銀行が休みの土日でもすぐに融資可能なケースもあります。

審査に通過しやすいように限度額の範囲内で申し込む

即日融資の場合には確実に融資してもらえる条件で申し込むことも大切です。

専業主婦の場合、融資の上限額は一般的に30~50万円といわれています。それなのに100万円の融資を希望したらカードローンの審査に通るのはぐっと難しくなるでしょう。

10万円以下の小額融資であれば専業主婦でも無理なく返済ができるだろうと考えられるので、確実に即日融資が受けたいなら10万円以下の小額融資で申し込みしましょう。

返済計画を立てれば安心してカードローンを利用できる

プラン

融資を受けるときに多くの人が心配することがあります。

それは、
「きちんと返済できるだろうか・・・」
「利息で借金が増えてしまうのではないか・・・」
ということです。

これらの心配は返済計画を立てることで解決します。

返済計画を立てて計画通りに返済していけば、元本も利息も確実に減っていきますし、必ず完済できます。

金利は毎月減っていくもの、借金が増えていくのは例外

ドラマや映画では借金が雪だるま式に増えていき、夜逃げに追い込まれる・事件に巻き込まれるといったストーリーがよく語られます。

そのためお金を借りることを必要以上に恐がっている方がいますが、そのイメージは誤りです。

借金が雪だるま式に増えるのは法定以上の金利で借りている場合や、返済のために他の金融業者から借りることを繰り返している場合です。これらはかなりのレアケースです。

専業主婦が銀行カードローンで生活費を補填するために小額お金を借りた。こうした無理の無い借金で、ドラマのように夜逃げにまで追い込まれるケースはそうありません。

借りたお金は計画通りに毎月返済をしていれば確実に減っていきます。元本が減っていくので支払う利息もどんどん減っていきます。つまり、限度額内で少なめに借りていて返済計画を守っていれば、心配に思っているような事態はまず起こりえないのです。

銀行によっては返済シミュレーションができるツールを公開しているところもあります。銀行カードローンに申し込みする前に無理の無い条件や返済計画を確認しておきましょう。

カードローンの月々の返済額はいくら?

銀行カードローンの月々の返済額は銀行ごとに決められています。これを最低返済額もしくは約定返済額といいます。

残債10万円の場合、最低返済額は低い銀行で2000円、高い銀行で1万円です。

最低返済額について何も考えずに銀行カードローンを契約すると、返済のときに負担が大き過ぎて家計を圧迫してしまうということが起こります。

そのため、契約前に毎月いくらずつなら返済できるかをきちんと計画しなければいけません。その上で無理なく返済できる最低返済額の設定をしている銀行を選べば無事に完済できます。

ただし、月々の返済額が少なければ少ないほど完済までに時間がかかることを知っておかなければいけません。完済までに時間がかかればその分利息の支払いがかさみます。返済にかかる合計金額がその分多くかかるというデメリットがあることも考えておきましょう。

返済のしやすさでカードローン会社を選ぶことも大切

銀行カードローンは返済のしやすさで選ぶことも大切です。

返済の方法として代表的なのは以下の3つです。

  • ローンカードで提携ATMから返済
  • 口座引き落とし
  • 振込み(主に返済が遅れた時用、毎月振り込みも可能だが手数料がかかる)

銀行によって自分で返済方法を選べるところもあれば、返済方法指定のところもあります。

返済方法はできるだけ手間がなく簡単な方法を選んでください。

私たちは何か新しい行動を起こすとき、少しでもハードルがあると途端に億劫になってしまいます。それは返済でも同じです。返済をスムーズに終えるためには、できるだけハードルが低い状態に、できればゼロにしておくのがベストです。

返済期日と給料日の兼ね合いなども考えて、返済がしやすい銀行を選びましょう。

銀行カードローンは専業主婦の困った!の味方です

家族写真

銀行カードローンは専業主婦でも安心してお金を借りられる方法だということが分かりました。

  • 配偶者に内緒で融資を受けられる
  • 即日融資が可能で必要なときにすぐに現金を受け取れる
  • 銀行のローンだから低金利で返済の負担が少ない

だから自分自身の収入がゼロでも安心して利用できます。

更に返済計画を立てて利用すれば、お金を借りることに対する不安感も拭い去れます。

専業主婦のお金の悩みは小額で解決することがほとんどです。専業主婦のカードローン利用額は10万円以下が圧倒的多数だということからもそれが分かります。

「今月あと1万円あれば・・・」
こんなときに即日融資も可能で安心して借りられる銀行カードローンは、専業主婦のお金の悩みを解決してくれる強い味方になってくれます。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧
マネポタ:カテゴリ