借りる

アルバイトは自営業よりも審査に有利?給与所得者のメリット

アルバイトの良いところは?

給料

アルバイトは正社員に比べると収入が低く、離職率も高いため、キャッシング会社の求める「安定した収入」と見なされない場合もあります。
しかし、一概に審査に不利とも言えません。
非正規であっても雇用されている状態ですので、コロコロ転職しない限りは一定の収入があると認められますし、雇用されるということは企業の審査に通っているということですから、フリーで働いている個人事業主(自営業者)よりも信用される場合があります。

スコアリングの審査では、一般的にアルバイトよりも自営業の方が高いスコアを与えられますが、自営業もピンからキリまでありますので、一概に自営業の方がアルバイトよりも有利とは言えません。
特に事業を始めたばかりですと、収入が少なく月収が10万円に満たない場合も多いですし、将来的に成功するか分かりませんから、キャッシング会社の方も貸付しにくい状態です。
そのような方に比べれば、毎月確実に収入の入ってくるアルバイトの方が安心です。

給与口座があるメリット

また、キャッシングでは収入が安定しているというだけじゃなく、貸し倒れになった場合に差し押さえしやすいかどうか、ということも審査のポイントになります。
債務者の居宅にある財産を差し押さえるためには、手間も費用もかかりますし、ロクな財産も持っていないことがほとんどですので、費用倒れに終わってしまいます。

しかし、サラリーマンのように会社から口座振込で給料を貰っている場合は、給与口座を凍結してしまえば、確実に給料から徴収することができます。
アルバイトについても、基本的に給与は口座振込で貰いますので同様です。
サラリーマンでもアルバイトでも、借金があれば簡単に勤務先を変えることはありませんから、債権回収のことを考えると自営業よりも給与所得者は安心ということになります。

事情がある方は対面審査がおすすめ

ただし、勤続年数が短いと離職する可能性も高くなりますから、審査は慎重に行われます。
年齢が若いと離職してもすぐに新しい勤務先が見つかりますから、勤続年数が短くても審査に通る可能性はありますが、年齢が高いと少々厳しくなるかもしれません。

会社をリストラされて一時的にアルバイトをしており、新しい職場を探している場合や、将来正社員になる予定がある場合などは、キャッシング会社の店舗に行って直接担当者に相談した方がよいでしょう。
ネット申込や自動契約機ですと、キャッシング会社の正社員ではなく派遣社員やアルバイトなどがマニュアル通りに審査しているケースが多く、ただ入力された情報に従って審査結果を出すだけです。

しかし、各店舗にいる正社員(審査担当者)であれば、スコアリングだけじゃなく対面審査で与信枠を判断することができます
社員にはノルマもありますので、多少属性が低くても審査に通る可能性は十分あるでしょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧