借りる

パート・アルバイトは1社からしか借りられない? 最初のカードローン選びが重要です

総量規制の問題

お金に悩む女性

パートやアルバイトをしている方が消費者金融に申込むと、多くの場合1~2社しか借入できません。
というのも、消費者金融には総量規制という決まりがあるからです。
総量規制とは、年収の3分の1までしか貸付してはいけないという決まりです。
総量規制は「貸金業者」に適用されるので、消費者金融であれば会社の規模に関係なく適用されますし、クレジットカードのキャッシング等も対象となります(クレジットカードのショッピングやリボ払い、銀行等には適用されません)。

パートやアルバイトですと、年収200万円以下の方がほとんどだと思います。
消費者金融が身分証明書の提示だけで貸付できる金額が50万円ですので、1社から50万円の利用可能枠を提示されたら、年収150万円の方はそれだけで総量規制に達してしまいます。
貸金業の世界は競争が激しく、顧客の取り合いとなっています。
どの会社も「うちの会社とだけ契約して欲しい」と考えていますので、総量規制ぎりぎりの貸付を行うことが多く、身分証明書の提示だけなら50万円に近い金額を貸付します。
2社目に申込んでも、同様に総量規制ぎりぎりの貸付を行おうとするので、年収の3分の1から1社目で借りた金額を差し引いた金額を提示されます。
このように契約していくと、年収の低いパート・アルバイトの方はすぐに総量規制に達してしまうため、1~2社しか契約できないということになります

信用の問題

もちろん、1社1社の利用可能枠を低く設定すれば、総量規制に達する心配は少なくなります。
しかし、1社からの貸付額が少ない状態で多くの消費者金融と契約していると、利用者の信用が低くなります。
消費者金融はどこも貸付したがっていますから、前述した通り50万円くらいは貸してくれます。
「50万円も必要ないから」と利用可能枠を低く設定する方もおりますが、その場合は多く借りる必要がないので、他の会社に申込む必要もありません。

しかし、利用可能枠が低い方が何社も消費者金融と契約している場合、「この人は信用が低いから1社からの貸付額が低いのだ。だからお金が足りず、何社にも申込んでいるのだ」と思われます。
実際、必要もないのに消費者金融をいくつも申込む理由がありませんよね。
複数社と契約することは、利用者の信用低下に繋がりますので、なるべく避けた方がよいでしょう

自分に合った業者を選ぶ

消費者金融は審査に通りやすいと言われていますが、それでも多重債務者の申込は敬遠しています。
3社以上契約している場合、審査も厳しくなりますので、収入の不安定なパート・アルバイトですと審査に通りにくくなります。
やはりパート・アルバイトが借りられるのは基本的に1社、多くても2社と考えた方がよいでしょう。
そう考えると、最初に申込む1社というのは重要です。
金利や借入・返済方法、ATM手数料等、自分に合うサービスがどうか、よく確認してから申込むようにしましょう。

人気カードローン一覧
地域密着カードローン一覧